言論・思考

スポンサーリンク
言論・思考

生活をデフラグする。

機材とは見ているだけでも楽しい。と、思い始めたら終わりなのかもしれない。使うことこそ本質であり、博物館に飾るような扱いは機材に失礼だ。我が家にも使っていないフレームがゴロゴロしている。引っ越して出てきたフレームは主にTIMEのものだがこ...
言論・思考

調子の波は谷があるからこそ

調子というものは相対評価なのかもしれない。谷があるなら山がある。谷よりも高い山を経験すると、調子が良いと錯覚する。逆に高すぎる山を経験すると、少しでも何かあると調子が悪いと錯覚する。おそらく、自身の中ではそれほど大きな違いではないはずだが...
言論・思考

アマチュアに引退はあるのか

「キングカズの息子が先に選手を引退」という内容の記事を先日目にした。未だ現役サッカー選手の三浦知良選手の息子さんが一足先に選手を引退したそうだ。息子が先に引退という話題性のある内容であるが、そもそもアマチュアで「引退」という言葉はどこかし...
言論・思考

ベストセラー「バカの壁」が現代に教えてくれること

養老孟司先生のベストセラー「バカの壁」という書籍がある。なぜか実家のベットの枕元に置いてあるのだが帰省すると毎年読んでいる。419万部売れ日本のベストセラー四位であることから読まれた方も多いと思う。 内容は、あらゆる物事に対して「これが正...
言論・思考

ツール覇者フルームの情報がハッキングされていた

先日まで開催されていたツールドフランス。長く厳しいレースで見事二度目の優勝を飾ったクリスフルームの情報がハッキングされてた。ハッキングされたのは、ツールドフランス期間中のことで、様々な情報が入っていたPC(パワーデータ等)に対し犯行が行...
機材・道具・インプレッション

【物理屋に聞いた】自転車の抵抗を減らす前に知っておきたいこと

先日、といっても一ヶ月ほど前だが、ある友人と夕飯を共にした。自転車には全く乗らない彼は物理屋として飯を食ってる。神戸に「京」という世界最速だったスーパーコンピュータがあるが、そんなたいそうなモノを使って様々な実験や論文を書いている。 昔大...
言論・思考

エッセンシャル思考って何よ

エッセンシャル思考の本を読んでいる。確かに考え方や物事の捉え方をわかりやすく伝えてくれる本だと思う。読みやすいし、端的に内容がテンポ良く紹介されて行く。ただ、これらの内容は特に目新しいわけではない。 幾冊かの本を読んでいれば、似たような文...
言論・思考

「人生うまくいかないな…」と思う時に気づいて欲しい事

生きていると様々な良いことや悪いことがある。ただ、それらには因果関係がある。悪いと思ったことはもしかしたら、良いことへの足がかりになり、良いことは奈落の底に突き落とされるきっかけになるかもしれない。 一生という長いスパンの中を生きて行...
言論・思考

毎日コツコツやるのは大変だな

基本的には練習を一人で行う。その方が効率もいいし自由にやれる。ただ、自由度が高すぎるから怠けることだって簡単だ。グループライドの利点は流れに乗らないといけない事だ。もうここでやめて帰ろう、なんて考えが浮かんでもひきづり回される事も多い。...
言論・思考

失敗は、続ける為に必要な部品でしかない

今だ何をやっても自分が望んだ通りの結果は出ない。ただ、自分自身の中で一つ見誤っていないことがある。 「続ける」ということだ。 何事も結果を求めて物事に向きあう。結果が出なかった場合は、様々な反応をする。多くは自身が思い描いていた...
機材・道具・インプレッション

TTバイクのポジションはどのように決定されるのか

タイムトライアルのポジションがわからない。まだしっかりとポジションは出ていないのだ。今何だにが良いのかわからぬまま、ただDHバーを付けて「それらしく」乗っているに過ぎない。今、ジロデイタリアのTTを見ているが短足な日本人とはポジションがあ...
言論・思考

「自然界の法則」に従うほど機材は美しさを増していく

タイムトライアルバイクを調整しながらふと思った。なぜ「美しい」と感じるマシンがあるのか?ということだ。人によっては「カッコイイ」とか表現は異なるだろう。ただ、数ある機材の中でもタイムトライアルバイクは別格の美しさがある。 確かにホリゾンタ...
言論・思考

身体という機材をうまくコントロールするためには

限界に近づいて行くほどに自身のメンタルが自己主張しだしていく。辛さが増すにつれて、メンタルが騒ぎ出す。やれ「つらい」だの「やめたい」だのと練習を阻害する事を思い始める。ただ、面白いことにこれらは考え方次第なのだと最近気づかされる。 考え方...
言論・思考

GW 1000km 距離もたまにはいいね。

GW最後はリカバリーライド100km。昨日、一昨日の二日間のライドで400kmだからGW期間中に1000km以上走ったことになる。最近はトレーニングを距離で考えなくなったので大体計算すると約1100kmぐらい。でも1000kmぐらいかなと...
言論・思考

煩雑な思考を組み立てるには

脳のどの部分を使っているか調べる際に血流量と微弱な脳波を調べるらしい。詳しいことは専門外なのでよくわからないが、給電と近いのだろうか。昨日は一人でぶらぶらとサイクリング。十三峠を越えて、信貴山方面へ。そのままのどか村へTKG(卵かけご飯)...
言論・思考

集中する為に必要なこと

伊吹山へ向けて一日一日の積み重ねを繰り返す。決められたルーティンワークややるべきこと、やらないこと、考えることを総合的に加味する。それらに向かう場合、なるべく無駄を取り除き雑音を消して行く。 ただ、こういう無菌状態に近い時はやはり危険だ。...
言論・思考

「作業工賃」と「技術工賃」どちらを払っているのか

しばらくロードはいろんな人にメカを見てもらっていたが、結局やはり独立した村上メカニックに見てもらうことに。実は先代のTarmacまでは全部自分で組んでいた。トルクレンチやPBスイスのレンチやドライバーを揃えたりと、各種工具等機材好きの性...
機材・道具・インプレッション

固定や三本ローラーを使った人達の体験談から見えた「違い」とは

先般の「身を持って感じた固定ローラーの弊害」は多くのリプライを頂いた。プロではない我々ホビーサイクリストにとって練習のお供と言えばやはりローラーである。熱心なサイクリストであれば必ず持っていると言って良いローラーだが、実に様々な思いでロ...
言論・思考

身を持って感じた「固定ローラー」の弊害

今週に迫った西日本チャレンジ。去年は散々な成績だったけど、冬の成果を試す機会。成果というほどの物は実はない。シクロで走り回っていたり、マウンテンで野山を駆け回っていたりと実際11月から2月までロードに乗らなかった。 おかげで回すペダリン...
機材・道具・インプレッション

本当に「バイクインプレッション」という評価はできるのか

バイクのインプレッションは非常に難しい。実際に自分自身で乗ってみて「合う」「合わない」を直感的に感じるほうが良いのだろう。最近では各種メディアに評価が書かれているがやはり「インプレッションをする人」でそれぞれ評価が異なるのが面白い。 ある...
言論・思考

ロードとオフロードの両立は可能なのか

今年は11月から2月までロードに乗らなかった。いわば、四ヶ月もロードに乗らない日が多かったということだ。ただ、フィジカル面では今までとは違い、相当追い込んで練習していた。ロードに乗らないことで、ロードに乗りたくなるまでの代替手段としてオフ...
言論・思考

強い選手に共通する三つのバランス

強くなるためにはまず練習することだ。ただ皆同じく練習しているのになぜ差が生まれてくるのだろうか。メニューやテクニックは広く公開され、本や書籍である程度情報として手に入る。やるかやらないかの違いはあるものの結果として差が出るのは確かだ。 競...
言論・思考

求めよ、さらば与えられん

今年は実業団に参戦する傍ら、マウンテンバイクのJCFシリーズ戦に出ることにした。メインは実業団だが、バイクコントロールや走る楽しみはロードをしのぐと言っても良いだろう。ただ問題なのは、練習場所である。 私が過ごした雪山と同じく、山には様々...
言論・思考

人は逆境の中では強く、順境の中では弱い

人間は追い込まれれば追い込まれるほど、その力を発揮するのではないか。最近タイムリミットが限られた中で多くの仕事をこなさなくてはならないことが多くなった。その際に思うのは追い込まれれば追い込まれるほど、時間あたりの物事に対応する密度が自然と...
言論・思考

ペダリングモニターを使いペダリングを改善するために気づくべきこと

今日は雪だった。走るのは危ないので下山。というか、冬なのにわざわざ北の方に走りに行って登らなくてもいいかな、と思うところ。それなら木津川走った方がいいな。完全に計画ミスった。とはいうものの、やっちまったことを悔やんでも仕方ない。下山してコ...
言論・思考

ある限られた一定時間に対して何を考えるのか

昨日は心機一転練習に向かったが、引き返してきてしまった。幾つか理由があるが少しの気がかりがあるとやる気を削がれてしまう。迷ったり、気が向かなかったら走らない。集中力が欠けて思わぬ怪我をしてしまう場合もある。 何時もの練習の道を通り、峠のふ...
言論・思考

価値のある走りとは何か

photo:巨匠様 「走りに勇気をもらいました」「走りに感動しました」という感情がある。ただ、これら人間が感じる感情は単なるリザルトの順位とは反比例するように思えてならない。我々が時折感じる「価値のある走り」とはなんだろうか。 先日のシク...
言論・思考

目標を達成する人としない人は何が違うのか

過去に自分自身で立てた「目標」はどれほど達成できただろうか。たとえば目標を立ててたその数日、もしくは数か月は継続できたかもしれない。ただ、時間が経つにつれ「なぁなぁ」になり「目標を立てたことすら忘れる」という事が私自身多かったのも確かだ。
MTB

オフロードを走るようになって学んだ5つのこと

シクロクロスやMTBを始めてからというもの自転車の環境が大きく変わった。特筆すべきはバイクコントロールの向上だろう。しかし、それだけではない。ロードからMTBを始めて、次にシクロクロスという流れが良かったのかもしれないが多少の坂や木の根...
言論・思考

2014年シーズンを振り返り思うこと

あっという間の2014年シーズンだった。成績はチーム年間総合3位。ほとんどHONDA栃木さん、竹芝さんに持って行かれたシーズンだった。地元開催のTour Of Japan併催堺クリテリウムではElite1,2においてチーム員が優勝した事が...
スポンサーリンク