足についての本当の知識

という本。
スーパーフィートジャパンの水口慶高さんが著者だが、
やっぱり使っている身からすると気になった。

ということで久しぶりに本を買った。
読んだらまた内容を書いてみようと思う。

というか小指が痛いんだ今。
なにかの解決になれば。

以下内容の紹介。

足は「立つ」「歩く」という人間の基本動作の基点を作っている部位。
この「足」の環境が姿勢や歩行で崩れてしまうと、体のあちこちに歪みをつくり、不調の原因になる。
本書では、スーパーフィートジャパンで多くの人々の足を見てきた水口慶高氏、
常足身体研究所の木寺英史氏が、日常生活の中で「立つ」「歩く」「走る」時の足の使い方、
足と体の関係、昨今のランニングブームと足の問題など、具体的な事柄をとおして、
本当の足の仕組みや働きを知ることの大切さ、代表的な足の悩みである
「外反母趾」や「腰痛」「肩こり」などの原因をさぐり改善するための知識を、
実際に試せるミニテストや動作に現れる事象を交えながら解説する。
日常生活を快適に送りたい人からマラソンなどのスポーツを楽しむ人まで、
体の痛みや悩みを解決するヒントがつまった内容だ。

内容(「BOOK」データベースより)

「立つ」「歩く」など、人間の動作の基点を作っている「足」。「体の動き」と「足の構造」の関係性を知り、足の環境を改善すれば、外反母趾や腰痛、肩こりなど体の痛みや悩みを改善することができる。