Tarmac SL4

色んな自転車が数あれと本当にお気に入りなのがSPECIALIZEDのS-works SL4

SL3からSL4に変えたが変えて本当に良かった。もう1500kmは乗ってるから少しばかり。
まず非の打ち所がない。SL3を乗ってからSL4に乗ると正当進化している。

細かく見ていきたい。
まずは、フレームの全長が長くなっている。そして、ベアリングが小さくなった。その代わりにダウンチューブは極太になっている。SL4と、いっても年式によって改良が加えられているから初期のSL4も同じアッセンブルで乗ったがそんときよりも確かに乗りやすい気がする。

まず乗り換えると、ダウンチューブの硬さがわかる。めちゃくちゃしっかりしてる。これは同じジオメトリで同じ機材でフレームだけそっくりそのまま変えたから分かることだ。自分はこのよく表現できない乗り心地が好き。平地もそうだがよく進む。

キャプテンも言ってたけど、下手くそが踏んでも進む良いフレームだ。そして何かビョーンというあの独特な感じと、貯めてから進むというかなんというか、そういう感じがある。

固い固い言うけど踏み込んだ時SL3と比べてもそんな感じはしない。ただわかるのは、とにかくダウンチューブがしっかりしている。

入力した出力を余すことなく推進力に変えるそんなフレーム。

多分自分に合ってる。

元も子もないことを言うけど、人間がフレームを絶対評価することは不可能だ。結局は今までの経験で使ってきたフレームを相対評価する。
あのフレームと比べてこのフレームはどうだとか言うことになる。基準となるものがあって初めて評価ができる。絶対評価ができる人間がいるとしたらそれはマシンであり、測定器だ。

だけど何十台乗ってきてきた店の人とかはその相対となるフレーム数が多いから絶対評価に限りなく近づく相対評価が出来るのではないかと思う。てんちょがその際たる例で、やはり乗ってきた台数が素人の比ではない。

販売戦略的な面で売らなくてはいけない場合もどの業界もあるが、それを見定めて本当に良いフレームに巡り会えたら幸せだ。

自分の中ではやはり、ターマックが本当に使いやすい。聞くところによるとR&Dと莫大な開発資金を、投じて完成させたそうだ。
の割りには安いな。

これだけは恐らく高確率でその通りになると思うが、今の世界情勢を見ると来年軒並み値上げされるだろう。

多分、買うなら無理して今年買うのがベストだと思う。事実、もう来月から国内の、あるページや台湾のリムメーカーは一斉に値上げが、開始された。

となると、もっと早いうちに値上げが来る恐れもある。

多分、今の価格で買えるのは今年だけかもしれない