アルテグラ6770Di2と6870Di2の互換性

20131004-190623.jpg

スポンサーリンク

ULTEGRA6870Di2発売

シマノから正式に アルテグラ 6870 Di2が発表された。電動アルテグラはDuraace9070と同様にコンパクトになり、E-tubeでの互換性も有ある。モデルと価格は以下の通りだ。

  • RD-6870 SS Di2 11S 22,945円
  • FD-6870-F BRZ Di2 2x11S 21,295円
  • ST-6870 R/L/BC-R680 Di2 2x11S 31,307円
  • ST-6871 R/L/BC-R680 Di2 2x11S TT-Handle 33,205円

既存の6770は使えるかについて。6770と9070をつないだところ、双方向で使用可能である。今回はその際の記事を交えながら最小限の投資と構成で6770から6870化を考えてみる。

E-TUBEによるDi2の互換性

今回新たに発表されたのは実際には4製品だ。したがってE-TUBEや、バッテリーなどは、6770や9070Di2を踏襲することができる。では6770のアセンブリで6870は動作するのか、6770で9070を動作させた時の実験結果を再度確認してみる。

動作結果は以下の通り。Ultegra6770のSTIでFD9070,RD9070の11sは動作する。

リアディレイラー

  • ST-6770+RD-9070
  • 11s全段動作可
  • 多段対応
  • ST-6770+FD-9070動作可

上記のとおりだ。バッテリーなども既存のままでE-tubeを差し替えるだけで動いたのでこれは考察せざる終えない。動作スピードも違和感はない。最小の投資で11Sにするとした場合Ult6770をベースにリアを取り替えたりすれば非常に安く済む。

リアディレイラーの交換で11速化へ

明らかにFD9070はモーター音がアルテよりも大きく明らかにパワーがましていることがわかる。かなりパワーがましているのは使ってみるとわかる。

参考リンク
Ultegra Di2 11速化 6770と9070の互換性
アルテグラ6870Di2と6770 Di2の動作比較検証

ということからも、アルテグラ6870Di2でも6770Di2を使えると思っても良さそうだ。最小限ということで、スプリンタースイッチは捨てて考えると、既存のアルテグラ6770Di2をお持ちなら、FDとRDのみの交換で良いということになる。結果、約四万で11s化出来るということになるのだ。

シマノ SHIMANO ULTEGRA 6870 Di2 Set 外装バッテリー・内蔵仕様(SM-JC41)
SHIMANO (シマノ)
売り上げランキング: 93,116