ジャパンカップレース前の選手待機場所で見た機材 ホイール編

20131020-140325.jpg

契約上の理由もあるだろうが、
オメガファーマクイックステップも、サクソバンクティンコフもZipp303,404を使っている。おそらく好みが出ている。

20131020-150521.jpg
チームスカイ。これからカフェにでも行きそうなオシャレな雰囲気がある。ほぼ全員がWH-9000 C35 TU
クリテリウムといえど、急に曲がるコーナーなので、立ち上がりはC50よりも軽いC35なのか。そもそも、舞洲や堺クリテリウムで40mm以上のホイールは今年前半の舞洲単独にげのパターンでなければ不要なのではないかとおもう。それよりもエコノミーなフォームかと。

20131020-150942.jpg
マキュアンは、グリーンエッジ時代のアッセンブルと変わらず7900のC50旧型からかえてないから前使っていたものを引き続きと言った感じ。

個人的に毎回注目しているのはシマノレーシング。私がシマノのホイールが好きだからということもあるけど、シマノレーシングの選手がC50を使うことはあまりないような気がしている。

むしろ、2011年の下総クリテリウムで鈴木譲選手が使っていたのはアルミのC24
今回も恐らく入部選手もローハイトのリムを使っていた。ちなみに鈴鹿での入部選手のホイールはC50だ。宮田で優勝された時もC50かC35に見えた。

どうでもいいことなのだが、今回サクソティンコフの選手とご一緒させていただいたが、
実のところひそかに、西薗選手、愛三中嶋選手、シマノ入部選手を常々応援している。

明日はパワーメーター編