完組ホイールのベンチマークテスト 空力特性値のディープリム編

今回は、リムハイトが高いもの(一部除く)を紹介する。
TOUR MAGAZINE 4/2011
http://www.tour-magazin.de/services/qtr/epaper_4_2011/page88.html#/94
各社完組ホイールにおいて時速30、40、50(km/h)時ホイールが回転する事により
どの程度ワットが必要かを示したデーター。

Lightweight,Cosmic SLR,Zipp 等。

・ホイール名
スポーク本数F/R
30/40/50 (km/h)時にかかるワット(低いほどよい)

・Lightweight Standard
rim: 47.6mm
16/20
5.1 /13.0 / 26.4 (W)

・Mavic Cosmic Carbone SLR
rim: 52mm
20/20
6.1 /15.4/ 29.2 (W)

・Zipp 101
rim: 30mm
18/20
6.0 /15.0 / 29.2 (W)

・Zipp 404
rim: 58.5mm
16/20
4.5 /11.0 / 23.3 (W)

・Zipp 808
rim: 82mm
16/20
2.0 /6.2 / 19.5 (W)

・Corima Winium +
rim: 24mm
18/20
5.4 / 13.7 / 27.2 (W)
※Winiumは24mmなのにコスカボSLRより空力GOOD ←ステマ

・Shimano Dura-ace C35
rim: 35.4mm
16/20
5.6 / 14.4 / 29.6 (W)

・Shimano RS80 C50
rim: 50mm
16/20
5.5 / 12.9 / 27.0 (W)

・FFWD F6R
rim: 58.3mm
20/24
4.2 / 11.0 / 24.6 (W)

・HED H3D
rim: 87.6mm
3/3 (いわゆる前後
4.3 / 11.4 / 24.2 (W)

・HED Jet DISK C2
Disk Wheel (参考)
0.6 / 4.2 / 17.7 (W)
このように見てみると、必ずしもリムハイトが高い=空気抵抗が少ないというわけではなさそうだ。
特にコリマのWiniumはリムハイトが24mmにもかかわらず非常に優秀な結果が出ている。