出稽古ステージ5 127km

20140125-205953.jpg

スポンサーリンク

今回もひるさいにお邪魔しました

明日はレースに出場します。ベストを尽くすために、チームジャージで。寒いからエアロスーツ。完走できるかわかりませんけど。なのでちょっともがいておくために、本日もひるさいに参加させていただきました。集合場所を先週も間違えていたようです。先週も自販機の所で一人待つ始末・・・。

今日は、「もしや・・・」と思い橋の下へ。案の定集合場所は橋の下でした。参加させて頂いている身ですが、2分ほど遅刻してしまうという失態。大変申し訳ございませんでした。

いちおうもがいておく

今日は集合場所まで行く前に3回もがくことに。朝一番、アップもそこそこにもがくのは良くないことに気づきましたが、フォームなど細かいところを確認しつつ1本目、2本目、3本目と繰り返します。

フルもがきというわけではなく、アタックがかかった時に追い付くイメージで高回転のイメージ。824Wぐらい。にしても低いなぁ。なんか今日はかかりが不安定。不安を抱えながら出発。

平坦は回しますが、バラけることが多く常に間延びして脚を削られる。これはまずい。一度信号で切られ、回復。しかしその後も淡々とかかり、脚を削られる。今日はなにかうまく走れない。しかし、こんな時が一番得られることも多い。

キャプテンそっくりだ

どうやって立ち回るか、周りがどんな走りをしているのか、よく観察する。特に走り方を見るのが楽しい。当チームのキャプテンは走り方が綺麗だ。東京に来て驚いたことがある。いつも練習して下さるOさん。キャプテンにそっくりの走りをする。
だから密かに後ろにつく。車間は30~40cmでも怖くない。この、「怖くない」は前のひとによって違う。マージンを取らなくてもするする走れるこの感覚。懐かしい。

毎回、山Pがかける所で集団は活性化する。徐々に登りがきつくなるけど、はじめ先行する人について行った。今日はドカンとかけると落ちそうだったのでするする登る。右からOさんが出る。この瞬間についていけるか、ついていけないかいつもハラハラする。

要所要所を大事に

一瞬でも離れたら、一番の要所に絡めない。何でもそうだけど、一瞬の上げにしがみつけないと終わるから、必死に付く。絡めなくてもがけなければ練習にならない。という、気合で。しかし撃沈。でも淡々と踏む。300Wよりちょっと上で踏むけど、一瞬だけ見てメーターは見ない。

人と戦わなくてはいけない。前を走る人を追う。

結局追いつけず、撃沈。まだまだ練習足りませんでした。

今日は距離走らないと決めていたので帰宅。帰り際、一人で帰ろうとした所、Kさんが戻ってきて下さり道を教えて下さいました。ありがとうございます。

道に迷う

ローソンで休憩して、一足先に岐路へ。しかし速攻で道を間違う。いや、間違ったほうが覚えるから、今回もまた教訓になる。結局先に出たのに、秋ヶ瀬で合流(笑

その後、家に帰り何故かフラフラに。鏡を見ると、顔から血の気が引いている。目の下が明らかに紫だ・・・。

もともと、汗のかきすぎなのか鉄欠乏性貧血なのでしょうがない。鉄分を補給。そしてひじきと、ほうれん草、納豆3パックを補充。仮眠後はマッサージへ。

どうやら、疲れているようで明日はどうなるかわかりませんが、とりあえず東京初レース頑張ります。

本日も練習して下さり、ありがとうございました。またよろしくお願いします。
127km