世界限定300台 TIME VXRS Limited Edition

TIME VXRS Limited Edition が発表された。以前からラグのフレームも発売されると噂されていたが、ZXRSのピストでというのが大方の情報だった。しかし、ここにきて、あのVXRSが復刻される形になった。

スポンサーリンク

VXRSはネジきりBBに

やはりTIMEはわかってる。復刻といえどボトムブラケットをBB30にしたりはしなかったようだ。昔ながらの伝統的なネジきりタイプだ。これは嬉しい。各社がBB30を採用しているが、利便性、フレームへのダメージ、トラブルを考えるとネジきりのパフォーマンスは高い。

6.8kg制限を意図せず超えてしまう現代のフレームに、何らマイナス面ならない規格だ。できれば、もう一度復活して欲しい規格である。

争奪戦の世界限定300台

残念ながら、通常販売ではなく世界限定300台のようだ。正直私は新型SkylonよりもTIMEユーザーウケして売れると思うのだが、どうだろうか。最近、自転車会の戦略的な限定商法(mavicのような)に嫌気がさしているが、是非通常販売して欲しいものだ。

300台というと、日本に入ってくる台数は相当少ないだろう。。争奪戦となることは間違いない。そして、価格も相当高いことが予想される。コアなタイムユーザーならすでに、購入する気合なのだろうが。

まとめ: カラーも復刻して欲しい

TIMEといえば、赤や白といったブランドロゴカラーのイメージがある。リミテッドということで、差別化をはかる必要は確かにある。しかし、個人的にはあまりイケてるデザインとは言い難い。

この写真のように当時のカラーをぜひ復刻して欲しいものだ。しかし、BBにネジきりを採用し、細身のホリゾンタルのラグ、、、という『やっぱり自転車をわかってるTIME』が健在であった。いつか、ラグが消えてしまうかもしれないが、TIMEには作り続けて欲しいものである。

私が愛した自転車パーツ レトロサイクル必携 (CYCLO TOURIST BOOKS 2)
中堀 剛
グラフィック社
売り上げランキング: 293,593