新型MAVIC 2015モデル一挙紹介 やっぱりMAVIC商法は健在だった件

image_LA.MC.0106_2_720x600

2015年モデルのMAVICは全モデル大きく刷新されます。上位モデルのリムはすべてISM 4Dになり、KSYRIUM SLSはエグザリットのISM 3Dになりました。組み方は大きく変わっていませんが、タイヤは23Cと25Cを選択できるモデルもあります(海外のみ)。

また、KSYRIUM SLR 25と海外で呼ばれているモデルは、タイヤも新しくなりYksion Pro 25 GriplinkとPowerlinkになりました。リムとタイヤをワイド化し新たなリムを採用した2015年のMAVICロードホイールを見ていきます。

スポンサーリンク

MAVIC Ksyrium SLR

Mavic Ksyrium SLR 25 2015

まずは、KSYRIUM 125で登場が予想されていたKSYRIUM SLRのISM4D版。基本的にはKSYRIUM 125と変わりません。当ブログの
KSYRIUM 125のインプレ23万の価値はあるのかで詳しく書いています。

海外では KSYRIUM SLR 25と紹介されていました。しかし国内ではKSYRIUM SLRと名前は変わっていません。詳細スペックは以下の通りです。

  • リム:ISM4Dリム
  • スポーク:改良ジクラルとトラコンプスポーク
  • スポーク本数:front 18, rear 20
  • リムハイト:front 24mm, rear 26
  • 重量: F 605g, R 750g
  • 価格:税込237,600円

基本的にはKSYRIUM 125の黒バージョンです。

Mavic R-SYS SLR

Mavic R-SYS SLR 25 2015

Mavic R-SYS SLRは海外の紹介ではMavic R-SYS SLR 25/23です。国内の販売はトータル重量でのインパクトを狙ってか、タイヤは23Cが標準装備の様子です。Yksion Pro Griplink (front) とPowerlink (rear)の23Cが付属し25Cより20g軽い190gです。

詳細スペックは以下の通り。

  • リム:ISM4Dリム
  • スポーク:カーボン トラコンプ スポークク
  • スポーク本数:front 16, rear 20
  • リムハイト:front 24mm, rear 26
  • 重量: F 555g, R 740g
  • 価格:税込291,600円

容赦ない値段設定に、買う気が失せました。私ならコスカボアルチメイトの中古を買いますね。正直アルミクリンチャーにここまでお金出せません。では次。期待の前作KSYRIUM SLR相当の2015のSLSです。

Mavic Ksyrium SLE

SLE

いろんな意味で注目度が高いKSYRIUM SLEです。前作KSYRIUM SLRの同型です。おそらく変更はないと思われます。タイヤも23Cが標準搭載。当ブログで詳しくインプレしていますので、お時間のある方はどうぞ。

KSYRIUM SLRのインプレ

詳細スペックは以下の通り。

  • リム:ISM3Dリム
  • スポーク:ダブルバテッドジクラルスポーク
  • スポーク本数:front 16, rear 20
  • リムハイト:front 24mm, rear 26
  • 重量: F 605g, R 790g
  • 価格:税込176,200円

Mavic Ksyrium SLS

Mavic Ksyrium SLS 23 2015

ここからは通常のアルミタイプ。エグザリット加工はしていません。おそらくこちらも変更はないと思われます。タイヤも23Cが標準搭載。詳細スペックは以下の通り。

  • リム:ISMリム
  • スポーク:ダブルバテッド ジクラルスポーク
  • スポーク本数:front 16, rear 20
  • リムハイト:front 24mm, rear 26
  • 重量: F 605g, R 790g

Mavic Ksyrium Elite S Red 25

Mavic Ksyrium Elite S Red 25 2015

こちらも、通常のアルミタイプ。エグザリット加工はしていません。おそらくこちらも変更はないと思われます。タイヤも23Cが標準搭載。ハブの色だけ買えたと思われますが、上位のSLSよりも見た目はイケてます。詳細スペックは以下の通り。

  • リム:ISMリム
  • スポーク:ダブルバテッド ジクラルスポーク
  • スポーク本数:front 16, rear 20
  • リムハイト:front 24mm, rear 26
  • 重量: F 680 g, R 840g

まとめ:2015の目玉はISM4Dか

326483

ラインナップを見てやっぱりMAVIC商法は健在、という感じです。KSYRIUM 125とは何だったのでしょうか。ただの黄色くぬったシリアル入りのホイールと言ってもよいかもしれません。近々KSYRIUM125をヤフオクに出品しようかなと思うところではあります。

余談ですが、実際意外と注目しているのがDISKホイールのコメットロード。このカーボンディスクはエグザリットになりました。今ライトウェイトのディスクを持っていますがコメットロードにも興味があります。

このエグザリットディスクのコメットロードについてはまた後日。にしてもマビックは商売上手、そんなことを再確認した2015年モデルでした。