ERGON TP-1 簡単にクリート位置を記録できるアイデアツール

クリートの位置というものは一度悩み出すと終わりのないな沼に陥る。数ミリの違いが膝の入りを変え、ペダリングを変えてしまう。踏み方の癖や左右バランスなど自転車と人をつなぐ重要な道具と言える。

そんなクリートをシーズン前に交換することになった。ただ、シクロクロスやオフロードを走りロードのクリートに違和感があったため調整することに。また、適当につけてしまっても左右左が発生してしまうので極力差がないようにしたかった。

そこでクリート調整のアイデア商品ERGON TP-1についてである。単にクリート型の穴を開けた単なるプラスチックなのだがこれが優れものなのだ。

スポンサーリンク

ERGON TP-1の特徴

ERGON TP-1の特徴といえば、方眼のメモリが付いた台座にクリートの穴が空いていて固定する。何かしらの目印をつけておけばクリート位置がメモリーされるという「ただそれだけ」の商品だ。しかし、その利便性は測り知れない。

たとえば左右のクリート位置を同じにしたいとする。その場合両手を合わせるかのように、両方のシューズの裏と裏を合わせ微妙に調整したことはないか。この場合何度も何度も調整しても左右差が取れなかった。おそらくシューズ自体の精度の問題や取り付け中のズレなどが考えられる。

ERGON TP-1を使えば方眼上で細かなピッチでメモリーできる。方眼が良い仕事をしわずかな調整もこなしてくれるのだ。このタダの穴が空いたプラスチックは小さなところに色々な配慮がある。

前後の調整

クリートをただ見ただけでは、どこにペダルシャフトがあるのか判別はできない。取り付けて見ないことにはわからないからだ。ところが、このERGON TP-1は上の画像のようにあらじめシャフト部に目印がある。この目印を元に前後のバランスを調整する。

ようするに、母子球と小指の付け根付近を結んだ理想とされる位置に素早く調整ができる。闇雲に取り付けてしまうようでは不安でした方がない。このメモリは一見変哲もない線だが、確実にパワーを生む部分でクリートを取り付けるために重要なギミックといえる。

左右の位置調整

人それぞれ骨盤の大きさが異なる。そのためクランクアームからどれほど離れた位置で取り付ければよいかは事なってくる。本ツールではあらかじめシャフトの模様が描かれておりどれほど離れたかが一目で把握できる。

今まで行っていた調整のように、シューズを裏返してクリートにらめっこしていてもこの辺はわからない。したがって、クランクスレスレの調整も簡単に確実にできるのだ。

まとめ: クリートではなくシューズを動かす意味

このアイデアツールを使って思うことがある。このツールは調整の思考を変えてくれる逆転の発想のツールだということだ。クリートの位置を変えるツールではなく「シューズの位置を変える」ツールだということだ。

今までは、靴を裏返してクリートを確認しながら位置を変えていた。このツールはペダルとクリートを不動のものとし、シューズの位置のみを決定すれば良い。クリート位置の調整という本質は、一体化した不動のペダルとクリートを軸としてシューズをどう配置するかにつきる。

いつの間にかクリートを動かしていたと勘違いしていたが、本質はシューズを動かしているのだ。調整の思考すらも変えてしまうこのERGON TP-1で、今のベストポジションを記録して見てはどうだろうか。ソールにマジックで目印を書いたり、調整の時間が短縮できるなら安くて良い買い物と思えたツールである。

シマノSPD-SL

ERGON(エルゴン) TP1 (シマノ SPD-SL 用)
ERGON(エルゴン) (2011-11-30)
売り上げランキング: 34,981

スピードプレイ用

ERGON(エルゴン) TP1 (スピードプレイ用)
ERGON(エルゴン)
売り上げランキング: 1,921

LOOK Keo用

ERGON(エルゴン) TP1 (ルック KeO用)
ERGON(エルゴン) (2011-11-30)
売り上げランキング: 2,077

シマノSPD用

ERGON(エルゴン) TP1 (シマノ SPD用)
ERGON(エルゴン) (2011-11-30)
売り上げランキング: 7,092

クランクブラザーズ用

ERGON(エルゴン) TP1 (クランクブラザーズ用)
ERGON(エルゴン) (2011-11-30)
売り上げランキング: 313,866

上記のように各社展開されています。TIMEのペダルがないのは個人的に残念です。