エッセンシャル思考って何よ

エッセンシャル思考の本を読んでいる。確かに考え方や物事の捉え方をわかりやすく伝えてくれる本だと思う。読みやすいし、端的に内容がテンポ良く紹介されて行く。ただ、これらの内容は特に目新しいわけではない。

幾冊かの本を読んでいれば、似たような文章のくだりが何度も出てくる。本自体の傾向としてはデールカネーギーの『道は開ける』や『七つの習慣』に近い。思考のための本とあるが「考え方で無駄を減らしましょう」という自己啓発書に近いかもしれない。

私はそう受け取ってしまったが、自己啓発書の類は「考え方」や「受け取り方」をうまくする作法が書かれている。タイトルに思考とあるので気づかなかった。ただ、このような書籍は読者がどう受け止め、どう考えるかまではコントロールできない。

最後にどう判断して行動に移すかまでは各個人に委ねられる。そう考えると、当ブログは「私の意見」を書いているわけだがどう受け止めるかの最後の判断は読者に委ねられる。何事も自分で判断することが重要だが、言われたままを言われた通りにする受け身は避けたいものだ。

自分がやりたいこと、自分が考えることを流されず、自信を持って突き進めるように私も精進したい。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
グレッグ・マキューン
かんき出版
売り上げランキング: 141