Lightweightがカーボンを全く使わない新製品をリリース

スクリーンショット 2015-06-24 7.27.25

ホイール界の王様Lightweightといえば卓越したカーボン技術が売りだ。ホイールに限らず自転車部品とは思えない軽さを実現したプロダクトが揃う。そのLightweigtが全くカーボンを使用せず、新たな「繊維」を用いた製品をリリースした。

新たな製品はなんと「オーガニックコットン」である。ようするにアパレルウェアを展開するのだ。過去にアソスとのコラボレーションジャージを販売していたが今回は普段着で使えるようなオシャレなウェアが揃う。カーボンを全く使用しないLightweightのアパレルを見ていこう。

スポンサーリンク

Lightweight Atempause

Sport-Polo---Atempause-VT_s

まずはこの時期にピッタリの半袖ウェアから。名前も「Lightweight」と「ドイツ語」を混ぜるとなぜここまでカッコ良いのか!?という「ライトウェイト アーテムパウゼ」だ。もう名前だけでカッコイイ。このポロシャツは意外なことに古いペットボトルを再利用して作られている。

優れた水分吸湿発散性、抗菌処理そして特別に開発された軽量の生地から作られている。スリムフィットは真面目(本当に)にエアロダイナミクスを追求したフィットラインらしい。ライトウェイトらしいポロシャツにもエアロダイナミクスを取り入れた逸品といえるだろう。

首周りのタグは「ハンドメイド」だ。もちろんLightweightのホイールと同じようにハンドメイドで作られている。ジッパーリボンはYKKによって製造されている。価格は89.00€

Lightweight Wollfühlpause 85.00€

Longsleeve-Polo---Wollfuhlpause-VT_s

Lightweight Edelherr 75.00€

T-Shirt-mann---Edelherr-VT_s

Glanzdame 69.00€

T-Shirt-Fraz---Glanzdame-VT_s

これらのファブリックは、リヨセルとオーガニックコットンを組み合わせたものを使用している。非常に柔らかくそして速乾性と耐久性が持ち味だ。非常によく水分を吸収し天然の抗菌仕が備わっている。ライトウェイトにしては手の届きやすい「新たな繊維」を使った製品は「普段使い」でき「コレなら買えるわ!」と思える数少ない製品である。