受注生産 TIME SKYLON フランスカラーが私の中で話題に。

TIME SKYLONの受注生産フランス国旗カラーが発売されることになった。今までのSKYLONといえばあまり目立ったカラーではなく、カタログを見ても何処か色鉛筆を並べたような色数で勝負した色展開だった。ところがどうだろう、今回のフランス国旗カラーはすごくマシだ。

先ごろこのカラーは海外で話題になっていた。トリコロールということもあり私の中でも相当話題なっていた。日本での発売はその頃未定であったが、どうやら販売されるに至ったようだ。それらの国内価格や付属品を見て行こう。

スポンサーリンク

TIME SKYLON フランスカラー

正式名称はTIMEスカイロンアクティブ フランスエディションだ。フランス国旗のトリコロールカラーを纏った受注限定モデルとなる。今回はアクティブフォークのみの展開、そしてハンドルバー、ステム、ボトルゲージ二つが付属する。以前はボトルゲージは一つであった。ボトルゲージが一つ増えたと考えただけでもTIME信者は歓喜だ。

さらに私も使っている「TIMEステム」は49500円。ハンドルは46000円だが、取り付けた際の紙一枚入らない締め付け部の精度で作られた逸品は価格を納得させてくれるだろう。

  • TIME SKYLON Aktiv FranceED
  • サイズ:XXS,XS,S,M,L
  • 価格: 699,000円(税抜定価)
  • 付属品: ステム、ハンドル、ボトルゲージ
  • 今回の価格設定は絶妙なところを狙っている。オプションカラーは680000円だ。しかし今回のフランスカラーはオプションカラーの扱いではないようで、通常価格600000円の扱いになっている。その点を考慮すればお買い得(?)と言えるのかもしれない。

    今回のカラーは私の好きな色だ。はじめて見た時「俺のために作ってくれたのか!」とTIME信者脳が炸裂した。我が家にはVX SP PRO、RXR、RXRS VIP、ZXRSと四台のバイクがある。次のバイクはもしかしたらカラーもイケてるこのフランスカラーかもしれない。

    ただ剛性は相当上がっているため、自分の足似合うかどうかは使って見ないとわからないところであろう。また、アクティブフォークは重いのでレースではそこまで必要ない。ただ、TIMEの作るマシンは作り込みが異常だ。年代が古くても高値で取引されるTIMEフレームの資産価値は高い。

    来年のマシンとして欲しくなる一台だ。なお、当ブログでTIME SKYLONに関するインプレは「TIME SKYLON インプレッション ZXRSから何が変わったのか」で綴っている。なお、一万文字超えているので時間がある時にそっと読んでいただきたい。