C1の洗礼を受ける漢

私はバイクコントロールが下手くそです。オフロード二年生は苦悩する。パワーだけではダメだし、テクニックだけでもだめだ。

「ロード?( ´,_ゝ`)プッ 」

という感じ。とりあえず、毎回最後尾を走る。泥が苦手のようだ。エンデュランス能力はある程度はあるかもしれないが、まったく意味をなさない。

この日は、サドルが壊れエアサドルで全周回をこなした。一周目の登り区間でドスンと乗りバキッという干渉音と共に我慢大会が始まる。あらぬ方向に向いたサドルは飛び乗り降りやペダリングに影響したかはわからないが、実は前日にポジション変えていた時に仮止めしたままだった。

そういや、今年は「村上建具(むらかみたてぐ)」というパロディ?ジャージを着ている。「俺もCXなら662とかTonicCXみたいなオシャレジャージ着たい!」と心の中で叫びそうだが、オシャレジャージやオシャレバイクが席巻するCXにおいてデザインにやや賛否両論があるこのジャージの意味は大きい(?)。

全然オシャレじゃないこのジャージがだんだん気に入ってきた。気がする。

photo 関西シクロクロス

ただ、チームのエースまつけんさんが着るとどこかしっくりくる。CXで一列目に並ぶ狸先輩はすごい。私も早くジャージの背中に描かれた狸マークを見られる位置で走りたいものだ。次は日吉。パワーだけではだめだが登りがあるのでなんとかやりきりたい。

C1で走ってるこのジャージは早い方がまつけんさんで、遅い方が私。M1はキャプテン。今年も引き続き、生暖かいヤジの程よろしくお願いします。。