UCIマキノ高原CXに「工房ハイランダー」が出店します。

ビブパンツに「アルミサッシ」「シャッター」と書かれているジャージは類を見ない。もちろん建具屋だから取り扱いもある。しかし、冷静に分析すると「村上建具」よりも自転車のメカニックを営む「工房ハイランダー」と記すことの方が広告効果はより高まるのではないか。

次回の関西シクロクロスUCIマキノ高原に村上建具(工房ハイランダー)が出店する。主なサービス内容は自転車のメンテナンスだ。現在C1を走るまつけんさんのバイクも彼が整備している。私のロードのTIME ZXRSも彼の作品だ。驚くべきことに4月からの実業団から最終戦まで一度も壊れなかった(というステマをしよう)

もちろん彼も2007年頃はシクロクロッサーでジャパンプロツアーの選手だった。彼がとあるカテゴリで優勝した時まだクソ坊主だった。そんな彼はメカニックとして独立し今に至る。

話は戻るが、仮に村上建具とGoogleで検索しても残念なことに彼のサイトは出てこない。工房ハイランダーと入力すれば出てくるが、そちらをジャージに入れた方がより価値が高まりそうだ。ただ、もはや出た船は引き返せないのでこのジャージ=工房ハイランダーと理解していただけるとうれしい。

シクロワイヤードにも「C1 4位に入った松木健治((有)村上建具)」と掲載されている。

次回のマキノ高原では、彼の臨時出張所が開設されるので是非ご利用ください。バイクが壊れていなくとも、簡易点検やスタート前のチェック、ワイヤー交換、タイヤ交換、パンク修理と何でもできます。多分。

当日は「FJTのブログを見てきたで」で工賃10%offになるかはわかりませんが、作業の熱の入れようは一割り増しになるかもしれません。今週は晴れのレースをしたいものです。

ぜんぶわかる! 最新ロードバイクメンテナンス (Gakken Mook)
学研マーケティング (2015-04-03)
売り上げランキング: 2,785