東京シクロクロス2016 C1 30位ぐらい

やっぱり、このタイプのジャージデザインが見慣れてきた。このデザインのワンピ欲しいわ(←センスやばい)

オフロード愛好会の村上建具がついに東京進出だ。エースまつけん師匠を筆頭に、広報?の私と、東京の役員TOMOさん。それに千葉の友人N氏がピットに入る念の入れようだ。苦手なランニングと砂は私を苦しめた。というか、今までのレースでいちばんのきつさ。マキノの方がまだマシだった。

抜きやすそうなところは浜辺しかなく、しかも脚を使わされる。ランニングと砂が苦手なのだがここは経験すべしと走る。

コースは海の浜辺だ。レース前にフォトグラファーの辻さんから色々教えてもらう。C1の時間帯は潮が引くので地形が変わるらしい。これも関東特有の潮の満ち引きがコースレイアウトを変えるという面白さだ。アウェイなので、関西の人と話すと落ち着くぜ。。

レースはJCXのポイントがないので49番スタート。日本だがなんとも不吉な数字だ!死ぬまで苦しむ49。まさにその通りのレースになった。コースは狭く、抜けないのでスタートダッシュもせず集団待機。やはり追い上げは厳しく番手を少しつづつあげながら右往左往する。

結構先頭付近が有利なコースで、砂場に突入した時には既に先頭はかなり先の折り返しに。これで萎えたが、砂とランニングを克服すべく一定ペースで走る。砂浜とランニングの疲労をシングルトラックで回復、その繰り返し。可愛い小さなフライオーバーも惰性で。。

後半やはり披露してしまう。そんな時になじみのある声で応援が、同じカテゴリC1のTONICのテイスケさんがなぜかカテゴリO(応援)に。きているのを知らず「なんでおるんww」というのが本日のハイライト。知ってかしらずか、今年シクロクロスが終わるまで家でも禁酒していたのだけど「ビール飲む!?」との応援が。

いろんなところから応援を頂き嬉しい限りです。

月曜日はやっとハマさん(CXのハマーさんではなく北浜の)のところ行ける。やっとアルコール解禁だぜ。

後半はクタクタで終える。まつけんさんは怒涛の追い上げで2位、デイブさん4位とみんなすごいわ。私も来年に向けて頑張ろう。すぐさま輪行で大阪に帰って明日から練習だ。サポートでNさん、ともさんには大変お世話になりました。そろそろ打ち上げしたいところ。

シクロクロス終わったし、平日でもいいので知り合ったいろんな人と飲みに行きたい。とりあえず明日はロードでリカバリしていつもの時間から反省ライドするかな。。これから新幹線で帰るけど、新大阪で起きれる自信がない。着いたら九州かな。。

正直悔しい結果になったけど、来年に向けてまた一から頑張ろう。次はロードのレースのシーズンが始まる。三月の西日本Cへ向けて練習だ。またプロにボコボコにされるのかしら。お台場のガンダム探してうろついたけど無かった。