MAVICがENVEを買収

厳密に言うとMAVICのオーナーであるアメアスポーツがENVEを買収した。スペシャライズド(ROVAL)がHEDの特許を使用するニュースの矢先、さらに大きなニュースになった。今回の買収によりMAVICとENVEは同一傘下(同グループ)になる。同じホイール屋が同一傘下になるメリットは計り知れない。

まずはパテント(特許)問題も簡潔になる。ENVE独自の空力や剛性に優れたリムは、ロードやTT問わずMTBまで大きなシェアを持つ。対して、MAVICは「リム削って軽くする」というとんでもない(根本的な)特許を抑えているメーカーである。ただ、コスミックカーボンアルチメイトのリムはコリマのOEMだったりと、カーボンの成形技術はそこまで無い。

アメアスポーツはフィンランドのアウトドアメーカーでアークテリクスなども傘下に収めている。国内はENVEはトライスポーツ、MAVICはアメアスポーツだが、確かスキーのアトミックもアメアスポーツだったことを考えるととても大きな企業だ。これから、マビックとENVEはどのような道を歩むのか。

とにかく両者の良いとこ取りをした商品を出す戦略にシフトするのか、それともカーボンはENVE、アルミはマビックという住み分けをするのだろうか。できれば、新たな高性能なホイールがリリースされることを期待している。個人的には、両社のデザインは好きなので変えないで欲しい。

話はそれるが、今回の買収で「まぁビックリ」という言葉をやっと使える時が来たのが嬉しい。