2016実家帰省 夏も終わりやな

夏も終わりなんだろうなーと感じる。一年ぶりに実家に帰省することに。一年経つの早い。毎年そう思う。ただ、一日のあるスポット的な時間はとても長い。ようするに振り返れば、記憶が断片的で、時間があいだあいだで飛んでいるから短く感じるのか。

こうやってあと何回できるのかと思うといろんなことを考えてしまうな。今回は自転車を持って帰省する。

スポンサーリンク

新潟ヒルクライム

帰省を兼ねてレースに行くという良例。飛行機はあっという間について一時間も乗っていない。これからは予定を決めて飛行機をさくっと取るべし。年末も帰ろうかな。金曜日は朝カフェマンナへ軽く走る。コーヒー飲んで支度して空港へ。

17:40の飛行機に乗る。帰宅してご飯食べて寝る。実家に行くとこれでもかというほど飯が出るのでレース前はコントロールが大変。そのまま寝て次の日は試走へ。

結構登っている人が多くて、やはりレース前日だということを感じる。私は体調を崩したままレースへ。最近の状況から見てどうも変なセキが出る。こういうのってホント本人にしかわからない。夏風は長引くが、いまだなおらず。上りも辛い。

二人で登るが足を使わずホントコース確認。昨年は24分台だったが今年は23分台行けたら行きたかったところ。まぁ、来年への宿題としようか。試走して良い景色見て帰宅。翌日に備える。

5:30起床して6:00に出る。受付をすましてアップへ。かかりは悪くないが後半急激に辛くなるのは多分変わらなさそう。それでもやるだけはやろうと入念にアップする。スタートは8:10。様子見ながら下りまで。そんなに辛くない感じだけど、おそらく後から辛くなるパターン。

ジャージも違うしステルス的に走っていたがフィンズのKさんが声をかけてくれる。付いて行こうにも今日は無理だった。見送ってからは、日本海に浮かぶ佐渡ヶ島がよく見えたので、少し景観を楽しむ。昨年よりも四分落ちでゴール。来年はしっかりやらねばな。

一緒についてきたM氏なんとか女子で優勝(招待選手には及ばず)。とんでもない量の景品をもらう。弁当ついて、おもてなしも良い。飛行機だとあっという間につくので来年も行く予定。なんったって、広島森林公園行くより時間的に近い。輪行もおそらくわたしたちだけなので、空いてるし。

輪行は、オーストリッチの電車とかに持ち込める布きれ一枚だが、編み出した梱包方法で全く問題なしだった。国内ならこれでええわ。

にしてもM氏は今年の勝率高いな。今年出たレース全部表彰台か。本職はシクロクロッサーらしいが、その前に今週の舞洲クリテリウムの一般登録女子で、実業団連中に混じって参加するらしい。これは見ものですね。まぁ、怪我なくやってほしいものです。

ベッキージャージ着て出るらしいので応援してあげてください。

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方
ブックス21C
コアラブックス (2011-09-25)
売り上げランキング: 691,639