ゆずの里 向山グラベルクリテリウム エキスパート 三位

ゆずの里 向山グラベルクリテリウムに参加してきた。じゃり道で高速なクリテリウムするぜ!というクレイジーな企画。監修は三船さんと自転車大会運営の匠、京都車連の皆様。面白いレースをいつも開催してくださる酔狂な集団。

以下大会概要をシクロワイアードさんより抜粋。

本大会は、向山を自転車イベントで盛り上げる「美山向山サイクルプロジェクト」の一環として開催いたします。ゆずの里 向山グラベルクリテリウムは、向山集落内に未舗装の周回コースを設け、規定周回数を走り最終周回の着順を競うクリテリウム形式のレースイベントです。コースは基本フラットですが、そのほとんどが砂利道となるため速さだけでなくオフロードを走破するテクニックも必要とされます。

オフロードでクリテリウムするべ!という企画。なのでみんな自転車もまちまち。ロードの人もいれば、シクロクロス車の人もおる。私はシクロクロスバイクの調整を兼ねていたのでそのバイクで。調整はリンゴロードさんにお願いしていたシーズン前に完璧な仕事。。いつも仕事が早い。

悩んだ空気圧は三船さんが3barだったというのと自分で調整してフロントは2.5bar、リアは2.7barという感じ。3だと私の体重だと跳ねる。タイヤはIRCシラクのチューブレス。パンクの心配はカット以外なしナノも良い。KTR氏も2.5ぐらいだったらしい。

試走で走る位置と石の位置確認して王滝のようなメカトラ無いように走ること試走の段階でん住人もパンクしたらしい。「パンクしないのもテクニック」というオフロード乗り達の金言を王滝で教わったので言い訳にはしない。

と思ってたら桃氏がパンク。。IRC
のチューブ買いに行く。この日はチューブ売れまくっただろうな。さてさて、女子のレースを見て二位だったのでフムフムと思いつつウォーミングアップへ。どうやら消耗戦だなと思いつつ走る。なお、ラップされたら降ろされるという過酷なレース。

スポンサーリンク

エキスパート 三位

イナーメ所属ワコーズのイケメントヨカツ氏にあれこれ聞いてからスタート。私のケミカルはすべてワコーズ。日焼け止めもワコーズ。ワコーズのチェーンルブを前日に散布して、一日おいてから拭き取る。一日おいてから皮膜作るのがポイント。泥や雨のシクロクロスにワコーズのチェーンルブは落ちにくく最適。

スタート前、最近の低調ぶりにもしかしたらビリになるちゃうかと不安を抱きながらスタート。初めから上がる上がる。下りも置いて行かれる。今の身体的にギリギリのライン。先頭はタクリーノのムラタさん、建具のマツケンさん。岩井のアキヤマさん。三人の足が違うことに気づき、レースで生き残るすべを模索する。

C1シングル常連様達についていくのがやっとという感じで、一箇所上がった時に千切れた。完全に車間が開いて、見た感じ観客からも終わった感が漂う。ただ、諦めずに踏む。プロローグ初戦ってほんとに大事でその勢いでシーズン中行くから。二周かけて追いつく。いつもなら辞めてたなこれ。

メカトラで三人になる。2:1だけど、明らかに私の能力は低いのでできるだけ引く。下りは遅いので二人に譲る。最終周回前に松木さんが上げた時にちぎれる。いやーやっぱり実業団のレースでもずっと走ってきたけどすごいわ。ただ、こないだ一緒に200km近い練習の疲れが残っているっぽかった。

ゴールして運が良かった三位。実質は岩井のアキヤマさんのほうが強かったから私はたまたまだわ。賞金と、bolt
ライトをもらってご満悦。ライトが壊れててvolt800を買おうと思ってたんやけど100だった。800か700買うかな。日が暗くなってきたしな。

グラベルクリテはかなりスリルがあるじゃり道でした。りんくうのジャリもこれで安心できそう。いよいよ関西シクロクロスがスタートします。この変なジャージで今年もがんばります。やじの季節がやってきたぜ。。

IRC tire IRC SERACCX MUD TUBELESS M129/TL 19048K ブラック 700X32c
IRC tire
売り上げランキング: 31,992