時代は廻っていく。

栄華を築いた文明もいづれは衰退していく。文明の衰退の理由は様々だが、歴史的に見れば「文明」はある特定の地域に根付いた繁栄を指すものが多い。したがって、他の地域との交流が行われた場合、本来の姿を変えてしまうのでそれも「文明の終焉」にあたるのだろう。

終わり方にも色々種類あるのだが、本来の姿を変えても源流や人のつながりは変わらない。文明は人がつくり上げるわけであるが、その作る人たちのスタイルが変われば文明はもまた変化し、形を変えて行くのだろう。それを文明の終わりと取るか、新たな文明と受け取るかは、それらを新しい流れにしようとする人次第だ。

文明をつくり上げる黎明期は多大な労力を有するが、何もないところから何かを作るということはいつも産みの苦しみを伴うわけである。

文明の誕生 メソポタミア、ローマ、そして日本へ (中公新書)
中央公論新社 (2016-09-09)
売り上げランキング: 132,268