ローラーに乗りながら今後の予定を立てる。

photo:高丸さん

ウェイトトレーニングをしっかりやってできるだけ筋肉を着ける。もともと体は小さいのでパワーを出せるように体をでかくしたい。今は体重は気にしない。確かにオールラウンドに戦うなら絞ったほうが良いが、ヒルクライマーではないから過度な体重減は逆にパフォーマンスを落とす。

今年はしっかり食べて、しっかり走る。パワーがないとお話になりませんな。というわけで月曜日はジムへ。

スポンサーリンク

スクワット+5kg

この日はスクワット100kgx2の105kgx1を10回づつ。いろんな論文を見てると、重いものもいかに早く動かすかに意識をおいたほうがいいらしい。コンセントリックはゆっくりで、エキセントリック系の運動は素早く。トラック向けではあるが自転車には有効。

コンセントリックは縮みながら力を出す運動、例えば力こぶがそう。エキセントリックは伸ばしながら力を出す運動。バーベルを下ろす時。それをスクワットでハムストリングスに効かせるなら、しゃがむときはゆっくりで、立ち上がるときは素早く。

前に、レオパードトレックのレジスタンストレーニングや、MTBのニノシューターがやってたトレーニングもそうなんだろうな。さらにニノシューターはバランスが不安定な中でレジスタンストレーニングをしている。これはすごいけど。

できるだけロード乗りはパワーラック使ってフリーウェイトでやるほうがいいんだろうな。バランスを取りながらやるほうが良さそう。たまたまジョンソンのパワーラックがあって使いやすい。その後は体幹やって、チンアップやって帰宅。

帰宅すると忙しいのにもかかわらず、でかい肉が焼いてあった。本当に感謝なり。これがめちゃめちゃ美味しくて感謝感謝。前に練習仲間のいしともさんが「藤田くん家はローラーやっても怒られんのやろ?ええなぁ」と言っていた。むしろ我が家は「今日朝起きた(朝走った)?」と聞かれる。朝練すると、「毎朝偉いね。」と、褒められる。

しかし、やらないと「最近あんまりやってないね」といわれる。理解あることはありがたいことです。

そんな感じの家ですが、6月頃パークに行く予定を立てる。旅行ですな。パークってもディズニーランドとかのパークではなくて、MTBライダーの聖地ウィスラーのマウンテンバイクパーク。むこうは夕方が長くて20時ころまで日が出てるらしい。

私が言い出したのではないのだが、ツール・ド・フランスとか見るなら、シクロクロスのワールドカップ見に行きたいという話になり却下。美術館とかあんまり興味ないので、山行くことに。私としては、ウィスラー=スキーという、イメージがジュニア選手時代の頃からのあこがれでもあったけど、生きていくと何があるかわからない。

予定としては、熊野のレースが終わったあとその足で速攻で行くかなと画策。西日本ロードクラシックまであくしな。

とりあえず、今朝はそんなこと考えながらSST20min一本と、250W付近でピスト調整。トラックのWCみながら、さくら選手のスクラッチ見る。毎日ローラー乗るのが楽しいという変態ゾーンへいよいよ突入してきた。四本と三本ローラーを使い分けてピスト乗るのはやはり最強か。。最近仲間から「高岡さんの真似しすぎやろw」と言われるがそんなつもりはない。。。

ただ、良い物は良いので使ってみたら、良かった、ということなんだけど、確かに使ってる機材似てるな。。それはそれで嬉しいけど。明日も食って、寝て練習してこう。もう、ロードの初戦まで一ヶ月無いや。アラゴは流石に無理。