シーズンイン前につかの間の休息を

レースシーズンが始まったら、また節制とトレーニングの日々が続くのでしばしの休息を。フラッと北海道へ行こうか、という事になり二泊三日で行くことにした。土曜日は早朝朝練で走りこんで、その足で空港へ。空港まで10分ぐらいか。近いし午前中練習できるし良いなこれ。

犬ぞり乗って、美味しいもの食べて帰ってくるというだけのプラン。細かなメニューは決めない。いつも忙しないから、ゆっくりするプラン。一日目は登別温泉へ行って雪が降る中風呂入って飯食って寝る。北海道では「旅の時くらいスマホを触るのやめよう」と決める。というわけで、スマホ内に写真がない。その代わりデジイチで記録を。

大阪に帰宅後、すぐに着替えて五月山へ向かう。大阪についてすぐにトレーニングできる環境に感謝だ。とりあえず一定の負荷で走る。

スポンサーリンク

五月山 23分 253W

こんな雪風景から一気に10度以上も違う関西の世界だから、日本は広いなと思う。そんな余韻に浸りながらレッグウォーマー着けずに登る。序盤は270W程で淡々と。途中の下り区間も踏む。旅行の疲れが溜まっていそうなので、よい汗をかく感じで。ダンシングの時、ブラケットへ人差し指を引っ掛けるよりも、中指引っ掛けたほうが力が入る。

作用反作用の法則でやっぱりハンドルは引っ張ったほうが脚に力が入る。後半は座る位置に注意して、なるべくハムストリングス使うようなイメージで。最後はスプリントして終わり。ピークに向かって出しきるイメージで向かう。下って迎えに行って、雨の中下る。寒くて死にそう。。

帰宅後、飯食って21:30から回す。今朝は20min269W,240Wやって終わり。今日は夜の通信トラフィックが少ない間にネットワーク機器達のオモリなので夜勤だ。一旦帰宅して、ローラーして少し寝たらまた会社戻ろう。よく考えたら明後日も夜勤だから、今週のレースはちよっと不安だ。

とは言いつつも、今出せる力をしっかり出してリザルトに残る走りをする。