プロテインより、BCAAのほうが効率が良い。

やはり、自分の限界を求めて走るほうが良い。美山ロードはちゃんとC1で走ろう。TTも出る。カテゴリ落とすことはいつでもできるから。モチベーションは落ちず上がらず、息を吸うように練習する。レース翌日からまたトレーニング再開。

月曜日は流しで。アマゾンプライムのコードギアスを二周目。理由はガンダムのオルフェンズのセカンドシーズンがまだ全部終わっていないので時間稼ぎ。コードギアス見終わったらオルフェンズをファーストシーズンから見る。

実はアニメなんて見る事は殆ど無かったのだけど、ローラーのお供には最強。マツケンさんの一時間300W練習の時はジョジョだったらしいが、確かに時が止まらず早く過ぎる。スタープラチナ。今週からレース続くけど、今年は目標を絞って行くので、岬と舞洲は楽しく消化レース。

伊吹山頑張ろうと思って、そこめがけてトレーニングを始める。

スポンサーリンク

筋トレと朝練

レースが多いとどうしても手前の目標に的を絞ってしまう。そうしてしまうと、どれもこれも思い通りに行かない。それであれば、目標を絞ってリザルトを求めに行ったほうがいい。四月まではベースしっかり付けたいから伊吹山今年は頑張ってみようと思う。

パワー系のコースだし、クライマー以外にもチャンスはある。ということで、変わらず筋トレ。ジョンソンのパワーラックに変わってからトレーニングがしやすい。二週間開いてたからやや軽めからスタート。10回づつ。スクワット95kg,100kg,100kg、ランジ60kg x3。デッドリフトやって、チンアップ、クランチ。

帰宅後、某氏おすすめのファイチを飲む。サプリメントではなく、医薬品の貧血防止。健康診断で鉄欠乏性貧血と診断された。汗のかき過ぎだろうか。

【第2類医薬品】ファイチ 120錠
小林製薬 (2006-03-14)
売り上げランキング: 124

そういや、栄養士の人とプロテインとbcaaの話になった。結論は、

「bcaa買う金銭余裕あるならプロテインなんて飲まなくていいのよ」

とのこと。そもそもプロテインが分解された最小単位のアミノ酸。ということは、吸収する際プロテインをアミノ酸へ分解しなくて良い。無駄なプロセスがない分、BCAAは摂取されてから体内にすぐ吸収され速攻で血流へ。ただ、プロテインの場合は分解するまでのスピードをうまく利用して、筋トレの前後や、寝る前に摂取するという使い方もできる。

ようは、分解までのプロセスの時間をうまく使いたい場合。

しかし、吸収する際の無駄なプロセスをすっ飛ばして、すぐに取り込みたいならbcaa一択。レース後、トレーニング前と自転車で考えるなら速攻で吸収したい。あと、私は自分で配合して作ってる。グリコの金グリを参考に調合。こちらの記事で詳しい配分を書いている。

グリコのエキストラアミノアシッド相当を1/4の値段で作ってみた

他にもいろいろ入ってんだろうけどメインどころを外してないから大丈夫やろ。なによりちゃんとしたのが安いしな。しっかり食べて、トレーニングして、回復させて、その退屈だけど確実なルーティンで少しずつ前進していこう。

面倒な調合せず、bcaa単品だけならアマゾンが最安。