究極の回転体 Lightweightを1円スタートしました。

究極の回転体とか言われている、Lightweightのスペシャルホワイトエディションのセラミックハブバージョンを1円スタートしました。(こちら)来週の伊吹山や乗鞍ヒルクライム対策にいかがでしょうか。タイヤは22CのCompetition TU(リムセメント)が付属してますので受け取ったら走れます。

タイヤは新品のCompetitionに張替え後200km程走行です。レースでの使用のみですので、トータル走行距離は500km以下だと思います(実際はもっと少ない・・・)。Lightweightの黒G3TU、黒G3CL、黒G4 CLと所有していたため、この白はほとんど使用していませんでした。手持ち最後のLightweightです。

以下詳細に続きます。

スポンサーリンク

Lightweight SPECIALEDITION

フロント実測480g、リア実測614gです。リム単体は300g切っているそうです(のむらぼ談)シマノ11速対応のカーボンハブで、チューブラー仕様です。価格は659,400円と軽自動車買えますね。しかし最低落札価格無しの1円スタートです。

  • ・カーボンスポーク(フロント16本、リヤ20本)
  • ・積層サマリウム・コバルトマグネット(サイクルコンピュータ用)
  • ・マイクロデータチップ
  • ・カーボンハブボディ
  • ・Lightweight純正ホイールバッグ
  • ・Lightweight純正タイヤレバー
  • ・Lightweightステッカー
  • ・Lightweight説明書
  • ・スプロケットカバー2個

拡大写真

伊吹山ヒルクライムに間に合わせたいという方もいらっしゃると思いますので、即決のご相談に乗ります何かしらの方法でご連絡ください。おおよその過去の落札価格はこんぐらいらしいです。他にもTIMEのSKYLON放出しました。よろしくお願いいたします。