ポジションを考える会

イエローってだけで狙われる。昨年は松木さんと岡くん。岡くんはトチギのリザルト見るとほんとすごすぎ。。確か2011年にスペースゼロポイント時代も岡兄弟とうちのチームが年間かけて戦ってたな。懐かしい。チームは人数じゃなくて強い人いないとなかなかチーム順位は上がらない。

あの頃のメンバー見ると今走ってるのはほんと少ないな。続けることって大事だ。

昨日は、舞洲のエリートクラスで優勝した平地万太郎氏とポジションの話。エリートクラスはプロツアー選手ばかりだから実業団よりもレベル高い。万太郎と佐藤さん、きりピーの連携で面白いレースが見られた。個人的にVC fukuokaサイクルフリーダムを応援してる。

cervelo p3探してたら万太郎のブログにたどり着く。そして万太郎おすすめのステムを買ってしまった。日本に売ってなかったからイーベイで。

スポンサーリンク

ポジショントーク

ポジショントークといえば、自転車以外では金融市場において、買い持ちや売り持ちのポジションを保有している著名な市場関係者が、自分のポジションに有利な方向に相場が動くように、市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語(wiki)。

ではなく、自転車のフォームのほう。にしても形ではなく結果的に前方投影面積とパワーのトレードオフだから力が出つつもエアロなフォームが良い。その微妙なさじ加減が難しいのだ。

私の場合胴長短足だからどうしようもならず、フレームもなかなかサイズが合わない。やっぱり万太郎もちっさいサイズに乗ってる。わたしには一番小さいサイズでも大きい。やはりTTバイクもサーベロのP3にしようかなと。

にしても、一番変えたい機材は私という人間かもしれない。