「昔はすごかった」という過去の人

二日間でTSSが560ということもあって、昨日と今日まったくかからない。崩壊する体だけど、おそらく回復が早いのが生まれ持った特徴か。といいつつも辛いもんは辛いので淡々と今朝も回した。昨日はtss30くらい。火曜日は朝40、夜30くらい。

帰宅してから夕飯できるまで、ガンダムオルフェンズ見て回す。アニメは全く見ない人生を送ってきたが、内容を理解しなくていいから楽だ。水曜日は通常運転に戻す。アニメって「伝説の〜」とか「いにしえの〜」とか「人類を滅ぼした〜」とか、の最強の敵が出てくるわけだけど、そういうのやっぱり必要だ。

自然と出力が上がる。そんなこんなで水曜日は通常運転ローラーへ。

スポンサーリンク

60min TSS 70

そういや、レジェンドといえば苗村さん。若き日にサンツアーで走り、スイスのベロクラブメンドリシオで走ってたり。走り方がいぶし銀だ。脚だけ見れば高校生。怖い人だけど、怖い。「ふじたよぉ、お前の走りに意味はあるのかぁ?あぁ?」とは言わないけど、そう言われてる気がする常に。

E1の群馬でも最近入賞するし、なんだこの50歳はという感じ。いつまで一緒に走れるかわからないけど、魂はいろんな人に受け継がれてるだろう。私がリスペクトする理由は、「昔は〜」だとか「俺のプロ時代は〜」とか「若い時は〜」って言わない所だな。

「いまどうであるか」って所が良いよな。たまに、昔住んでた海外の風景について話をするぐいで。選手(選手だった人)が得意げに昔の過去の栄光の話をし出したら、その人はもう過去の人になっているのかもしれない。

昔の話はどうでもええわ。今どうなのかが重要。

そう考えるとあと20年先以上に監督がいるわけだけど、先は長いな。そういや、先日練習会に参加した方がチームに加入した様子。レース前で強度上げてしまい、塩対応だったのだが逆にめげずに食らいつく感じが良かったのだろう。

今年立ち上がったチームではあるけど、頑張って今を頑張れる人なら一緒に走ってみたい。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
梅原 大吾
小学館
売り上げランキング: 3,036