カナダマウンテンバイク旅行 Day2 icewinery巡り

カナダ二日目は朝60分のワークアウトをこなしてから、観光二日目。時差は確かにあるものの体をならすために、現地時間の5:20起きで変わらず。汗が大量に吹き出し、バイクの周りはびしょ濡れに。バイクの負荷が明らかにムラがあってやりづらい。まぁ、でもやらないよりはマシ。

レジスタンストレーニングも入れる。レッグエクステンション、レッグレイズをマシンで。自転車ばかりやるのもアレなので、この日はナイアガラフォールズの近くまで行く船に乗る観光二日目。日本から予め船を予約してたので二次元バーコードを見せて乗船。

カナダについてから、このブログのサーバーが置いてある大阪のグランフロントまでカナダのISPからtraceroute打ったら、およそ30ホップで到着。round trip timeは200ms〜500msとまばらで遅い。現地の通信回線もまずまず。東京大手町のInternet exchangeから日本の通信網へ入ってたようだ。

太平洋を渡る光通信ケーブルは本当に秀逸だ。先人の先輩たちに感謝である。たまにサメにかじられたりして、シールドが破損することもあるらしいが。にしても、いつでも通信には感動する。日本の通信は本当に質が良くて安いです。

無駄なパケット量使ってしまいつつ朝が始まる。

スポンサーリンク

ホーンブロワー号〜アイスワイナリー

一日中フリーなので、適当に飯食って出撃。9:00から滝近くまで行く船に乗る。現地の観光ツアーのご一行様たちの後に付いて行きながら、乗船所へ。に結構近くで見ると感動する。さすが観光地。近くに行くと雨が降ってるかのよう。風も強い。

水しぶきがかかるが、ゴアテックスのトレランシューズ履いていったから問題なかった。滝の水しぶきが巻き上がって、太陽の光に反射していつもような半円の虹ではなく、丸く美しい円を描く。なんとも幻想的。

カメラが濡れるので注意。

それから、現地のタクシーを拾ってアイスワイナリーへ工場見学へ。ほとんど言い値みたいなもんで、関西人の値切りもせずに言い値で乗る。三回タクシー拾ったけど、最後のプリウスにはメーターがついていた。だいたい35ドル位。日本のタクシーとほとんど変わらない。3時間後に迎えに来てもらうように告げるが、まぁ、あまり期待せず。

アイスワインの説明を受けたけど、なかなか専門用語がわからない。テイスティングでも3ozほど飲めて普通に店で飲むよりも安い。アイスアインって美味しいな甘いけど。アルコールが入ってるかわからないほど甘い。サイクリストが自転車で着ていて、試飲して走り去っていったけど、完全な飲酒運転してたな。

アイスワインは新しい物は透明だけど、エイジングが進むに連れて段々とくすんでくる。味も変わってくるが年代でも、味が違うらしい。にしても、普通の新しいやつでも十分うまいからそんなにこだわる必要はない。うまいもんは何でもうまい。

10ドルほどで20ozほど飲めてお得だった。

帰ろうとしたけどタクシーが案の定来なくて、店の人に呼んでもらう。適当にGoogleで調べた近くの農場でランチをする。この適当でいきあたりばったりの無計画の旅は良い。ふらふらと店について、肉を少しだけ食べる。

海外ってドーンって出てくるイメージだけどそれだと胃が持たないから少量で質の良い物を。農場の野菜と、肉。ワイン飲んで炭水化物は少なめに。良い物を少しづつ。にしても、味付けが絶妙で美味しい。やはり、安いファーストフード食べるよりお金出して良えもんを食うほうがいいな。

その後、またタクシー拾って宿に戻る。

外は20:30頃まで明るいので外を散策。TIMEユーザーなら反応しそうなSKYLONという展望台。これに引っかかったから名前変えたのかな。。近くで川を見ながら、散策。海外にいるのに、海外の感じがしない。大阪が海外客多すぎて麻痺してるのかも。毎朝通勤時に海外旅行客が居るし、大阪駅でもごった返しているし。

関西人のノリもこちらの方たちの感覚と似てるから、余計に違和感ないんだろうな。ただ、自己主張が激しいのはお国柄か。

旅の記録はいつも使っているSONY α7R IIZeiss Batis Lens 2/25の単焦点。ミラーレスだから小さくて軽い。25mmの単焦点と35mmの単焦点を持ってきたけど25mm使うことが多い。まきちゃんにレンズが何いいか聞かれたけど、単焦点なら35mmが好き。55mmも良いのだけど、旅なら35mmか25mmが良いな。

ひとつ持って行くなら、25mmかな。ズーム持っていけば事足りるのだけど、味がないというか。やはり取りたい風景を自分の脚で動いて、画角を決めて切り出すほうが楽しい。ズームレンズより単焦点何本か持っていたほうが楽しいかもね。

どうしても旅行のズームレンズを選ぶならなら25-70mm程を買うか。。旅行前にいろいろ悩んだけど、25mmと35mmで正解だった。35mmはメインの明るいレンズDistagon T* FE 35mm F1.4 ZA SEL35F14Zを使っているけど、旅行用には小型のSonnar T* FE 35mm F2.8 ZAを持ってきている。この小型さはレンズを向けても、身構えない大きさだから好き。

今日はトロントの空港からバンフへ移動する。写真も撮りかいがあるし、町から町への、サイクリングも楽しみだ。

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2
ソニー
売り上げランキング: 50,377