新型 2018 SPECIALIZED S-WORKS EPIC FSRが12速化とBOOST規格でフルモデルチェンジ!

ついに2018年モデルのSPECIALIZED S-Works EPICがフルモデルチェンジした。私はこの今回のアップデートを待ち望んでいた。長らくフルサスのS-WORKS EPICはフレームのジオメトリーを毎年微調整していたものの、基本的な規格は変更してこなかった。しかし2018年モデルは、S-Works EPICはBoost 110/148仕様を採用した。

MTBの業界の流れは29erとBOOST(ブースト)規格で突き進んで行っている。BOOST規格とはと、フロントハブが110mm幅の15mmスルーアクスル、リアハブが148mm幅で12mmスルーアクスルをBOOST規格と呼ぶ。近い将来BOOSTの規格は間違いなくデファクトスタンダードになると言われている。

個人的に所有しているS-WORKS EPIC FSRの買い替えを検討しつつ2018 S-Works Epicを見ていく。

スポンサーリンク

2018 S-WORKS EPIC FSR

完成車の重量は前作と同じく8kg台になると見られており、フルサスにしては驚異的な軽さだ。期待されていたヘッド角はやはり改良されており69.5になっただけでも、前作のユーザーとしては買ってもいいかなと思える。全体的にジオメトリは一新されている。

ブレーキ類はマグラを採用しており、ローターはストームSL、メインコンポーネントはSRAM EAGLEの12速だ。考えられる最高級のシステムを積んでいる。

新旧を比較すると明確なのは、ヘッドチューブ角度、チェーンステイやシートチューブの形状は更に細くなっている。恐らく、軽量化は相当されており、最軽量の29erフルサスであることは間違いない。一つ残念なのはサスペンションがFOXのカシマコートの物から、おそらくRockshoxに変更されている。

フロントフォークも倒立のRSから、ブレインのSIDに戻った。

フルモデルチェンジしたS-Works Epic fsrは軽量化とブースト対応、ジオメトリーの大幅変更でフルサスの最も勢いのあるバイクになりそうだ。