次の目標へ向けてトレーニング開始。

次の目標へ向けて、トレーニングを徐々に開始している。一ヶ月コツコツと練習を日々積み重ねる。暑いからなのかよくわからないが、とにかくまわすのがしんどい。途中で辞めたくなるが、踏ん張って、20分足を止めないように粘る。なんとかこなせたが、出力は低い。。

また、20min 290Wほど回せるようになるまで練習を積み重ねよう。「もどす」というよりは、負荷かけてやってりゃ到達するからキニシナイキニシナイ。乗ることは楽しいからね。きょうもTIME ZXRS PISTEで回す。

スポンサーリンク

カメラ小僧

私のカメラはSONY α7RIIというやつ。今まではニコンのD200, D300を使ってきて、レンズ資産を捨ててSONYに鞍替えした。ニコンはシャッター音が好きで、カメラっぽい音がするから好きだった。ただ重たいからミラーレスのフルサイズ一眼にした。

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2
ソニー
売り上げランキング: 117,163

当たり前だけど、ニコンのカメラの素子はSONY製だから、トヨタのエンジンが一部ヤマハであることと似ている。にしても、SONYは軽いから良い。コンパクトで持ち運びも楽。標準的なレンズは単焦点しか持っていない。ツァイス24mm F1.8、35mm F1.8、35mm F1.4、55mm F1.8、90mm、シクロクロスシーズンしか使わない70-200mm F4と試しているが、やはり35mmの画角が最も好きだ。というわけで、軽さ重視はSEL35F18を使っている。

良い絵を取れると予想できる旅行なら、24mmか、35mmどちらを持っていくか悩んだけど、今回の旅行では35mm持っていって正解だった。やはり35mmの画角は目で見ている景色に一番近いし、なによりどんなふうに切り取れるか想像できる。

ズーム使えよなんてツッコミ入ると思うけど、自分の脚で動いて取る風景を変えられるのが面白いのだ。にしても、写真は面白いな。車と同じく、機材趣味の最高峰だろう。どうせとるなら、綺麗に取れるいいカメラを一台持っておいたほうがいい。

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編
中井 精也
インプレスジャパン
売り上げランキング: 25,402