2017乗鞍覇者だけが使用した新型メッシュライトワンピースとは

Photo:SUNVOLT

先日開催された全日本マウンテンサイクリングin乗鞍において、優勝した森本誠選手が着用していたウェアが私の中で話題だ。今まではSUNVOLT社製のライトワンピースを使用していたが今回のレースでは、なにやら怪しげな(深い意味はない)上半身が透けてしまうほどのメッシュ仕様のワンピースを着用していたのだ。

現状のSUNVOLT社のラインナップに存在しないウェアであるため、恐らく今回の乗鞍ヒルクライムに合わせて投入してきた新たなウェアであることは間違いない。その謎のSUNVOLT社製メッシュライトワンピースについて探っていく。

スポンサーリンク

メッシュライトワンピース

Photo:SUNVOLT & 森本誠選手

今回、乗鞍ヒルクライムで投入された新型メッシュライトワンピースには大きな2つの特徴がある。一つ目は、ひと目で目を引く(色んな意味で)前面パネルの大胆なメッシュ構造だ。このメッシュ仕様は全面だけで、背中部分は通常のProfit生地を踏襲している。

このメッシュ構造は、以前当ブログで紹介した「ヒートテックでエベレスト登頂 実はドライナミックも下に着ていた」でも紹介した鎖かたびらのようなドライナミックに似ている。

ヒートテックでエベレスト登頂 実はドライナミックも下に着ていた
ヒートテックでエベレスト登頂―――。世界で一番高い山と言われた時ヒマラヤ山脈の最高峰エベレストの名前が思い浮かぶ。大人から子供まで誰しも...

今回の新型サンボルトのワンピースはここまで攻めていないが、メッシュ構造で汗を効率的に吸い上げたり、通気性が良くなるというメリットがある。また重量も相当軽く仕上がっており、170gを切る予定だという。オーダーはまだ開始していないが、来年年明けを予定しており、十分シーズンに間に合うだろう。なお、価格は未定。

乗鞍覇者の森本誠選手が使っている機材にはいつも注目が集まるが、来年はこの更に軽量化されたメッシュワンピースを着用した選手で溢れかえるかもしれない。ただし、上半身が予想以上にスケスケなので、レース以外での使用の是非は考える必要があるのかもしれない。

自転車界の褒め言葉(ものすごく強いという意味)で「変態」という賞賛をおくる習慣があるが、より一層その意味合いを強くしてくれるかもしれな、い。SUNVOLTの新作から、私は今でも目が離せない。

乗鞍覇者が使ったタイヤ コンチネンタルスーパーソニックとは
乗鞍覇者の森本さんのリアホイールはゴキソハブとカーボンクリンチャーという組み合わせだった。そしてホイールの重さは1900という『鉄ゲタ』...
乗鞍優勝、準優勝者が着用したPROfitライトワンピースとは
photo: SUNVOLT 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍。ヒルクライムレースの国内最高峰と言われれる大会である。このレースを目標...
GOKISOホイールインプレッション 究極の回転体の真実
GOKISOホイールに興味があるサイクリストは多いだろう。理由として国内のレースでの露出度が最近高いことも影響してきている。乗鞍ヒルクラ...
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンジュール リラックマ 半袖ジャージ RILAKKUMA
価格:11880円(税込、送料無料) (2017/8/29時点)