まだまだ伸びしろがあるはず

起床時58.3kg結構食べたのに体重更に減ってる不思議。。。先日のヒルクライムでは最近42日間では一番パワー出てたらしく20min 290Wだった。5倍に届かぬもののコツコツ積み上げていたらいい事もあるのが嬉しい。来年に向けて20min300W目指したいところ。

秋吉台は上りだけど、どちらかといえばパワーも必要。体重は57.5kgまで落としてレース前日に58kgほどで戦いたいところ。登れんと話しにならんしな。昨日はリカバリーライドしつつカフェマンナへ。平日でも人多いんやな。

スポンサーリンク

カフェマンナリカバリーライド

グアマテラ。かき氷頼もうかと思ったけど寒かったのでやめた。もう秋の季節だ。あっという間に夏が来て、あっという間に秋が来る。そしてあっという間に冬が来て、そして春が来る。一年ってあっという間で、一瞬。にもかかわらず一日は長く感じる時がある。

人生の何に時間を費やすのかを考える。ケータイの時間は相当減った。時間の無駄、人生の無駄だ。無駄に消費される時間を、うまく別のことに費やさねば。一見、無限かのように見える時間は、有限で儚い。

何か目標を持って取り組むということは、日々の生活を律し、活動するための原動力を生み出す。だからレースに出ることはいいことなのかも。そこで得られた結果は落胆するかもしれないが、次の活力にもなる。だから、成功することも、失敗することも必要なのだ。

私の場合は、成功したことはほとんどない。だから改善が続けられているのかもしれない。不自由は発明の母だというけど、失敗はやはり成功のもとなのだろう。目標を立てて、自発的に取り組んで、達成することは本当に楽しい。

イラスト図解 いつやるか? 今でしょ!
林 修
宝島社
売り上げランキング: 399,217