クリートが知らぬ間に動く事案。

クリートを一年くらい変えていなかったので交換した。というのも左がわがなんかおかしい。気持ち悪く感じていたのは、僅かなズレだった。ズレているかはTP-1の目印でわかった。何回も外したりつけたりして、冬の間にずれてしまったんだろう。クリートって見えないけどすごく重要だ。

シマノのクリートは耐久性が高い。黄色が見えなくなっても、まだ使えるけど使わないほうがええな。

エルゴンのTP-1には印をつけている。ヒールカップの縦線が目印と重なるようにセッティングする。これは左足で案の定いつの間にかずれてる。冬の間ももなんか左足おかしい感じやなと思っていた。

調子のいい右足。やはりヒールカップのセンターラインがしっかりと重なっている。たまに見てあげないと、ずれててもわからんわな。こりゃ反省。あとは、しっかりと自分のクリート位置を記録しておくためのツールが必要。そういう意味では、TP-1はかれこれ7-8年使ってるけどめちゃくちゃ費用対効果高いわ。

詳しくはこちらに書いてます。

クリートの位置というものは一度悩み出すと終わりのないな沼...