ROVALが軽量チューブレスカーボンクリンチャーディスクホイール321を発表!

30018-890_WHL_RAPIDE-007-TT-DISC-REAR_SATIN-CARBON-GLOSS-BLK_REA

スリー、ツー、ワンGO!とのことです(?)。ROVAL 321が海外で発表されました。チューブレス対応のリムホール無しのカーボンチューブレスクリンチャーホイールです。リムタイプはフルカーボンクリンチャーのバルブホール無し(BORAと同じタイプ)でチューブレス対応です。

スクリーンショット 2018-05-17 7.55.28

重量は1005gとカーボンクリンチャーにしては超軽量。そしてリム幅は・・・、内部19mm、外部27.3mm(ブレーキトラック)と超ワイド!これは期待できます。そして目玉は「ディスクホイールのディスクブレーキ仕様」がリリースされます。

スポンサーリンク

ROVAL 321 DISC DISC

30018-890_WHL_RAPIDE-007-TT-DISC-REAR_SATIN-CARBON-GLOSS-BLK_HERO_1200x

ROVAL 321のディスクホイールにディスクブレーキがラインナップ。気になるハブ規格は、 142×12のスルーアクスルで, CeramicSpeed bearings, DT Swiss 240です。

30018-890_WHL_RAPIDE-007-TT-DISC-REAR_SATIN-CARBON-GLOSS-BLK_WID
スポークホールも排除しています。リムテープは不要みたいですね。
スクリーンショット 2018-05-17 7.55.49

今回のディスクホイールに共通して言えることは、「硬く仕上げなかった」ということです。あえてディスクホイールの剛性をマイルドにしたというアプローチは評価できます。カーボン1Kの単層を使用し乗り心地と軽さの両立を実現。「疲労を軽減する」といういままでの剛性過多のホイールとは一線を画するディスクホイールとのこと。

スクリーンショット 2018-05-17 7.56.31

これは期待できます。リリースしたら即注文ですね・・・。2500ドルで販売、国内は298000円と言ったところでしょうか。国内の発表はまだのようです。また別の情報では「新型SHIV」はディスクブレーキ仕様でリリースされる予定とのこと。おそらくロードよりも先にディスクブレーキの恩恵を受けられそうなのはTTバイクだと私は考えています。

なお、チューブラーのラインナップは無し。もはやチューブラータイヤはなくなっていく運命なのかもしれません。

ROVAL 321(rovalcomponents.com)

昨今のレースシーンにおいて、ディープリムホイールを使用す...
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中から...