こう考えると、トレーニングも楽になる。

「この辛さをやり続けたら、最悪どうなる。」と考えながらローラー。「死にはしないけど、気絶するかも」がおそらく最悪の場合。と考えると、この辛さは大したこと無くて辛いこともたいてい耐えられるようになる。「ローラーやりすぎて死んだやつはおらん」は紙に書いて貼っておく。

「練習が終わった時点でリザルトは出てる。」という言葉を誰か言っていたが、フィジカル面の話に限ってはそうだと思う。レースは何があるかわからないけど、練習を終えた時点で大抵の能力は決まっていて、その能力をもってレースに挑むわけだ。今年は練習強度も上げてトレーニングできているけどリザルトはぱっとしない。

ただね、レースは身体が強いだけではなくて、そのパワーを使ってどう位置取りして、カオスな集団に突っ込んでいけるかという気持ちの部分もある。私にはそれが足りない。足りないならちょっといろいろ試してみようかなと思う。「できませんでした」が通用するのは小学校まで。

できないことを、できるようになるというのは、大人になるとだんだんと無くなってく。うまく立ち回り、手を抜き、適当に金を稼ぐ術だけうまくなっていく。それだけじゃつまんない人生だ。というわけで、本日も夜は最後のトレーニング。

SST 25min 284W

30×30 20set 380W

いや、これでも辛いんだ。5倍も出せてないし、何度も言うけど・・・。体重は57.6kgとかなり軽くなってる。そのせいでパワーが10W程おちてるんかな。いや、疲れもありそうだ。というわけで今週はイナーメのオイルのイエローをずっと塗っている。どうも脚のむくみが取れない。そんなときは、バナナのカリウムと、アボカドのスムージーを飲み続ける。

イナーメの黄色はむくみを取るときに使っている。日光に当ててはいけないから、平日の夜から、仕事に行く朝塗ったりしている。次の日が練習だと外走るから使えない。むしろオフィス用イナーメオイルと言ったところだ。

今日もSSTして悶絶してあとの金土は死んだように眠ろう・・・。今年も美山C1は完走から一歩踏み込んで、最後の一滴まで走ろう。