2018 JBCF 西日本ロードクラシック広島森林公園E1

大雨の西日本ロードクラシック広島森林公園E1へ。必死に食らいついて最後の8人に残ったけど、寺崎選手がやっぱり強かった。全日本も12位でたしかプロツアーの広島で3位だったはず。先週の疲れが残っててもたいして大きな影響はないだろう….と勝手に決めつけて、どこまで食らいつけるかだけを考える。

スタートから準備する。雨予報だったけど、コスカボとMavic イクシオンはよくグリップしてくれた。ただ、前の人がすっ転んでもバニホで乗り越えるつもりで僅かにマージン取りながら。空気圧は6.5bar。んでレースは水泳大会さながら。

昔雨は得意だったんだけど、いまはそれほど。一発目からセレクションかかると思ってついていく。三段坂のたびに人を減らし、二周目の時点で20人ぐらい?になる。2周目で後ろの集団とは40秒離れる。逃げてるというよりも、寺崎選手のペースアップで、勝手に人が減ってく。

雑賀さんが近くにいると安心して走れる笑。先週井上さんについて行けたから、なんとかなる呪文を唱え続ける。しかしどうしてもパンチ力がない私はダッシュが弱い。必死に食らいつく。最終周回三段坂の登りで雑賀さん先行、寺崎選手がかけて、バラバラになる。

私は六番目で通過、なんとか追いつく。この時点で自分が最終だと思ってて人数数えて、「あーやべーついに西日本ロードクラシックで入賞確定したわ」と判断ミス。この時後ろに二人いた。見る限りスプリントしたら全員に負けると判断する。寺崎選手全員マークだと思うので、ソーッと抜けだしてそのままなだれ込もうと考える。

広島の駐車場の登り返しを先頭で登る(こんな日が来るとは思わなかった)ここまで残れたけど、あとは一つでも順位を上げるべく走る。立ち上がりは良かった。目の前はクリアだ。今まで見たことない景色、というのもつかの間、寺崎選手、日野選手、藤田選手(たしか東京で松木さんと練習してる?)がかっ飛んでく。

そして、300mmも持つことなくズブズブと。結果は集団のケツ。なんとも私らしい結果であった。でも実は広島で最後まで残ったことがなくて、自分としてはかなり前進したと思う。そして後から知ったのだけど、西日本ロードクラシックTop10に入ったので全日本選手権の資格を得たらしい。でも、場違いだからでないけど。

ゴール後いろいろ考えた。もしもみんなの後ろについてツキイチでもがいてても多分結果は同じやったんやろなと思った。脚質的に少しでも先行して雪崩れ込むほうが良いと判断したが、甘かった。ではスプリントしたら?スプリントないから、それもアカンな。ようは、なるべくしてあの中でケツ。

でも、いままで全くついてけない人たちについて行けるようになって少し嬉しい。次こそ表彰台に立つぞ。どんくさくて、いつも遠回りしてるけど一歩一歩確実に強くなってこう。この一ヶ月間辛い練習をしてくれた、井上さん、雑賀さんらチームメンバーに感謝です。

表彰状はもらえなかったけど、やっとこんな位置で走れるようになってきた。監督は結果が全てなので、納得してくれなかったけど(笑)つぎはやるでよ。来週からまたみんなで強くなろう。またみんなと練習できるのが楽しみです。