ジャージ開発の裏側へ

ノドグロめちゃくちゃ好きだ。なぜわかったのだろうか。。。ありがとうのざいます。昨日はオーダージャージのサンボルトさんへお邪魔した。定期的にお邪魔して直接フィードバックをさせて頂いている。開発のネタになりそうなアイデアや改良点を橋本社長に何でもいいから伝える。そうすると改良してくる。

昨年夏前に橋本社長と走った時に「このスケスケアミアミ生地でジャージ作って欲しい」とお願いしたら今年の製品に反映してきた。早い。それ以降気に入って使ってる。日焼けしやすいらしいけど、それはトレードオフかな。日焼け止め塗ればいいか。

昨日はネタになりそうな最新ウェアを持参した。スケスケではなく極薄の生地。ただやはりバックポケットはサンボルトのセパワンのほうが使いやすいな。あとは今ビブパンツで凹凸のないビブのサンプルを渡していて、まとわりつくビブじゃないタイプを開発。

フィードバックをせずして開発もない。R&Dはそういうものだ。文句だけ言っててもなんも意味ない。そういや、セパワン使って毎週走り終わると橋本社長にメッセで改良して欲しいところをメッセしていた。その改良が盛り込まれるらしい。さらに良くなるはず。

あとは、ずっとお願いしていたシクロクロス専用のワンピを開発中だ。国内では知らない人がいない強豪選手が開発に携わっているので安心。自身も元C1選手で日本屈指のヒルクライマー。早くサンプルが見たいぜ。あ、バックポケットは砂入るし、余計に水吸って重くなるので要らないですw