六甲山DAY3 まじでつらいまじでつらい。

六甲山DAY3 披露マックス。朝は体の痛みで3:56に起床。そろそろ本格的にやばくなってきてて、体中にシップを貼る。帰宅後もアクティブリカバリーでローラーを回してるから、TSSは二日目で700近い。

お盆はオーバーリーチングを狙ってなるべく休まずに高い負荷を短時間かけるトレーニングを目指す。合宿のトレーニング的な。ダメな負荷とレストの例↓

よい例。しんどいけど、理解してるのとしてないとではまったくやりがいも違うから。

全てデーター見てれば傾向がつかめるけどかなりきつい。あと4週間後にキツイ秋吉台のロードがあるから、今追い込んどく。回復し切る前に負荷を入れる。四日が限界かな。それ以上やると疲労が抜けなくなる。

宝塚ってだけでなんか綺麗。

本日も登り系の人たちとたわむれに行く。強度が高く、長い時間一定で踏んでくれるから練習になる。ツキイチで食らいついて限界まで追い込む感じ。とにかく上りがみんな速い。ほんと辛いよなーと思いながらも集合場所に行けば、みんないる。みんなも披露溜まってそう。きょうもスタートから早くてしんどい。

川勝くんがとにかくコンスタントで38分ぐらいで逆瀬川を登る。速い。やはり一日で回復しきるのかな。。私はエッチラオッチラ登る。途中岸本さんをパスするが、わいは余裕がない。おそらく先行してても岸本さんは追いついてくるはず。気にせず登る。やはり緩くなるところで追いつかれてそのまま。

ロープウェイ側に下る。途中までツキイチ。無駄にアタックせずにそのまま付いて行けばよかった。この手の練習は再来週からでいいな。本数もこなさないと意味ないし。牧場側も全くかからない。一人ほどつまらないものはないと思った。しっかり補給取るべきだったな。。。補給しながら走る。。。明らかに得意なコースだったのに残念。

次は裏へ。

もうかかるの難しいかなーと思ってたけど、一本集中する。レースも後半の最終の勝負どころでどれだけ出せるかで変わってくるから、ラスト一本は出しきらんと。。全体的ななんとなくの雰囲気を見て、スクアドラの人が行くやろなーと。ゴールまでそのまま平和な一定ペースかなと思ったけど、何回もアタックかかり辛い。落ち着いて考える。

ここからの展開が個人的におもろくて、スクアドラの方は二人居たから一人の方がさらに一発かけていった。レースで2対1になったときの定石の展開(というよりもスクアドラ内の戦いをしているわけだけど)。。。((o(´∀`)o))ワクワクしすぎて辛さを忘れる。というより反応できるほど足が残ってないのでツキイチ。。。おそらく、追いついて、また振り出しになる展開かなと考える。

最後の500mカーブから直線はサンドイッチ状態。何というご褒美。たまらんなこの展開。レースみたいや。このままラストの直線でもう一発後ろからかかったら行く準備だけして、こっそりアウターに入れる。200mからかけてもまくられるよなーと考えつつも、後ろに張り付かれてるし、自分も張り付かれてる。

レースっぽい展開ながらも、結局カツカツだったため結局ビタ付きして二着狙い。。。反省は、次この展開になったら、自分か絞り出してかけないと練習にならんなーと反省。でも楽しかったなー。

12:40で、三日間のベスト。ほんとうにきつかった。

登り終わりました。強い人たちと毎日走れて楽しいな。コータローさんありがとう。明日は最終日や。ちょっと追い込みすぎて酸欠。お金落としたのにも気づかないくらい。安全に下った。

そういや昨日は食い過ぎた。いいラム肉とか。ここ穴場だ。すげーうまかった。監督の事務所の近くだから、行きたい人いましたらもう一回行ってもいいな。

そういや川勝くんにジャージのこと聞かれたけど、今日着てたメッシュ生地とパターンをベースにサンボルトから同じタイプを作ってもらった。昨年の夏頃に橋本さんにお願いして作ってもらったモデルでSLという名前で販売されてます。個人的には涼しくてすごく好き。これに合わせるパンツを今いろいろお願い中。

http://sunvolt.co.jp/item/s-ride_sl_short.html

帰宅してデータ見るとやばい。明日は最終日だけど、踏めるだけ踏んで追い込もう。ちゃんと朝飯食べないとだ。このフラスコが便利。走りながら食べられる。中身はクラスターデキストリンとレモン、はちみつ、オレンジをミキサーで撹拌したもの。