クランク長165、167.5、170

今日も寒い夜の中、好き勝手な事をしながら残り少ない2011年と独身生活を堪能する。

冬というオフシーズンだからこそできることもあるし、独身の時にしかできないこともある。

p2mを買い、無駄に165、167.5、170が手元に揃う。

実際に使用してみた感想をすこしばかり。
なお、今年は全レース167.5で通しました。

サドルは167.5を起点にクランク長の変化分だけ上げ下げする。

一時間程110から120rpmで回してみる。
ここはもう直感勝負でうんちくいらない。

■170の場合
やや回しづらい。
劇的な変化はない。大きく回さないとなぁ~という感じ。
大腿四頭筋から付け根にかけて筋肉痛、あとはアキレス腱の上から腓腹筋が筋肉痛になり、

かなりよろしくないペダリングをしているよう。
いつもの意識的にハムストリングを使うイメージはまったく持てない。
気を抜くとケイデンスが落ちる。
おそらくサドルの前後も関係していそうだ。

■167.5
通年使っていたので身体が慣れている為回しやすく操作しやすい。
自分のクランクといった感じ。

■165
全く違和感はない。
通説通りケイデンスも維持しやすい。
踏む時にすこしばかり力が必要な感じ。

結局、どんな長さでも慣れてしまえば、身体が慣れて使いやすくなる様な気がする。
いろんな方からクランク長を聞き、私の場合に換算した所

166mmが平均値。

とすると、165mmが妥当なんかなと考える。

p2mは167.5の設定が無いので165に決定。来年はこれで行く予定。

もうインプレネタは封印します(;´Д`)