FINAL STAGE

諸事情で明日の練習で今年朝練に行くのが最後になった。

タイトルは、ステージレースを象徴する。

FINAL STAGEとする。

雨の日以外の土日全て朝練とレースだった。
行ける日は全て行った。

大阪に戻ってきた4月が昨日の事のように思う。
4月から振り返ることにしようか。

大阪一発目は、263km走った。

大阪一発目 263km
大阪一発目の練習は大変有意義なものに。 total 12h ride 10h dest 263km up 2400m 毎週皆様こん...
4月はまだ寒かったが、装備が無いため指切りグローブで走ったあの日。
あの日のメンバーと一年間走ってきた。

4月6日

白浜TTにノーマル車で出ようとしていたらYB先輩からご好意でホイールをお借りしたあの日。
http://rbs.ta36.com/?p=5764

DHバーつけていないノーマル車でしたが9位
二日目は最終コーナーを1位で入り、12位
あと、funrideの最速列伝にキャプテンが掲載される。

4/15舞洲
引きまくり死亡。
遊くん、所長がワンツー。

そして群馬があった。

5月 9日間のステージレースが始まる。

Giro d Osaka 2012 STAGE LIST

4月28日 (土)第1ステージ 193.94km
4月29日 (日)第2ステージ 167.24km
4月30日 (月)第3ステージ 106.24km
5月1日(火)第4ステージ 159.16km
5月2日(水)第5ステージ 128.31km
5月3日(木)第6ステージ 109.44km
5月4日(金)第7ステージ 185.04km
5月5日(土)第8ステージ 122.74km
5月6日(日)第9ステージ 148.63km
Giro d osaka 2012

この時が一番強かった。

そして6月熊野3day
目の前にE1のみんなが見えてE2から飛び出してE1に合流。
ご迷惑をお掛けしました。
1日目はボトルをぶっ飛ばしてしまい、優しいスペースゼロポイントさんからボトルをいただきました。
ありがとうございました。まさに敵に塩を送るという図
来年はE1のみんなとレースが出来る。

5−6月は 10min 300w以上、20min 270w等今から考えるとドーピングが疑われる異常出力で毎日練習している。

7月、護摩壇山変態練が流行る。

スポンサーリンク

シルベスト山岳練 鍋谷ー高野山-護摩壇山ー裏鍋谷

裏鍋谷でゴールに向かいなぜか出力が上がる過去最高の出力を出す。
残り 20:16 301w
残り 10:04 305w
残り 5:00 315w
残り 1:00 335w
残り 20秒もがき 344w
アタック時414w

体重57.4kg
1着でゴール。

コレを持って今年のピークは終わった。

8月TOUR DE OSAKA 2012

8月10日(金) 第1ステージ 西田橋〜とどろみ 168km
8月11日(土) 第2ステージ とどろみ〜五月山 131km
8月12日(日) 第3ステージ MS3000/2 122.71km
8月13日(月) 第4ステージ るり渓〜一庫 173.65km
8月14日(火) 第5ステージ 家〜舞洲 85km
8月15日(水) 第6ステージ 高山〜京北 181.41km
8月16日(木) 第7ステージ 天川〜大台ケ原 117.27km
8月17日(金) 第8ステージ 高山〜杉尾 129.92km
8月18日(土) 第9ステージ 善峯寺 146.06km
8月19日(日) 第10ステージ  天川〜護摩壇山〜かどや 150.56km + 23.73km
8月20日(月) フィナーレ 大阪たこ焼き BEER 6L

この頃までに大体月2500km走る。

仕事はSEです。

9月 広島。

経済産業大臣旗ロードレース E2 9位

このみんなの笑顔が最高。


先輩たちは強い!

10月
この頃になると2000km走れず1490km程度となる。
先日まで続く、不調と故障の原因となる仕事が始まる。
睡眠時間4時間程が2ヶ月続くことになる。

思うように練習できず、大阪の家にも帰られなくなる。
そして大阪の練習のありがたみを知る。

淡路島の前日の練習で膝をやり、11月まで治らない状況になる。

この時点で今年は終わっていた。

この頃までにメンバーとよく飲みに行った。
立ち飲み屋とか、いろいろ。
村上Pと飲みに行く。
メカニックというよりは僕にとっては先輩の選手であり、友人。

11月
やっと10min 250-260wを維持できるようになる。
40w程ピークよりも低いが、痛みがない喜びを知る。

ひとつ思うのは、辛い練習ができていたのもメンバーがいたからだと思う。
第三者的な目線で客観的にファンとしてシルベストが素晴らしい理由は

多分みんなが仲がよく、走っていて楽しい、自然に強くなれる環境なんだな、と
私が1年間とおして思った結論だ。
そして、明日は今年最後の練習になる。
大阪に戻ってきて、200日程が経つ。

機材は4月に全て戻した。
電動は踏襲したけど

悔いを残さないように走ろう。
平日の仕事のモチベーションも、生活のモチベーションも、
休日に楽しくみんなと走れること、ただそれに尽きる。

長期出張頑張ります

2012 全日本実業団 年間総合 53位
E2クラスタ年間総合 4位
第1回 JBCF タイムトライアル南紀白浜  9位
第2回 JBCF 比叡山ヒルクライム 8位
第4回 3day’s Road 熊野 太地町大会 E2 2位 (混走)
第46回 JBCF 西日本ロードクラシック 広島大会 8位
第46回 JBCF 経済産業大臣旗 ロードチャンピオンシップ 8位
4月-10月 合計 約13000km