StagePower

スポンサーリンク
StagePower

Stages Powerのまとめ チームスカイが採用したパワーメーターとは

2014年にTeamSky使用するパワーメーターはStages Powerだ。発表当時はStageONEというネーミングで製品がリリースされている。Stages Powerは片方のクランクアーム(チェーンリングがついていない方)に取り付けられたひずみゲージで計測する。
StagePower

チームスカイがStages powerを採用しSRMから鞍替えへ

1月14日ツール・ド・フランスを制したチームスカイが長らく使用してきたSRMからStages Powerを2014年から使用することになしました。
StagePower

Stages Powerのアプリケーション

Stages Powerはiphone上で動作するアプリケーションの開発をしている。接続方式は、Bluetooth、もしくはANT+で接続することになる。ANT+でiPhoneに接続するということはwahooキーを用いる必要がある
StagePower

Stages Powerの出荷状況

記事が古くなりましたのでこちらにまとめました。
StagePower

Stages Powerのサンプリングレート

Stages Powerのサンプリングレート 記事が古くなりましたのでStages Powerの記事はこちらにまとめました 64Hz、秒間4回antで送信する。多いか少ないかと言うわけではなく、値の確からしさが重要である。 ...
StagePower

Stages PowerとRotor Powerのセンサー

Stages PowerとRotorPowerのセンサーについて考えてみる。 記事が古くなりましたのでStages Powerの記事はこちらにまとめました なお、今買うならPowerTapかP2M買うのが絶対賢い。P2MはPTと...
StagePower

Stages Powerを選ぶとして

、知れば知るほど、使いたくなる。RotorPowerは安定しすぎていてリスクも少ない。人柱的な要素StagePower。検討するかの。HUB式のドライブトレインロスを考慮した出力算出式や、スパイダー型のチェーンリング剛性を考慮した出力算出式よりも、アーム部のみの剛性を考えた算出式の方が単純ちゃ単純。
StagePower

stages powerのセンサー

様々なクランクに対応しているのがStages Powerだ。しかし、ひずみゲージには制限がある。金属がひずむ特性は、形状により特性が異なる。それゆえStages Powerは、金属系のクランクにしか対応していないのだ。
StagePower

Stages powerのクランク長

stages powerのクランク長について。DuraAce FC-9000:165mm, 167.5mm, 170mm, 172.5mm, 175mm, 180mm
スポンサーリンク