電動振動装置を使った油圧ブレーキのエアー抜きが話題に

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ディスクブレーキが普及したことによって、ワイヤー式から油圧式の時代が訪れた。しかし油圧ディスクブレーキには「エアー抜き」という作業が面倒だった。関西シクロクロスでメカニックサービスを実施する「ネクストステージ」が一風変わったエアーヌキを行っていた。

レース現場でのメカニックサービスは多忙をきわめるため、時間短縮と作業効率に電動振動装置がひと役買っている。

71pcGHx6IOL._AC_SL1500_

この電動振動装置はアマゾンで健康マッサージ器具として販売されている。振動パターンは10種類から選択が可能だ。

71-j6LuMffL._AC_SL1500_

もちろん防水設計であり、レース現場での過酷な条件でも安心して可能することが可能だ。今まで面倒だった油圧ディスクブレーキのエアー抜き飛び道具になること間違いなしだ。

ネクストステージ