チーム練習 精神的限界値を引き上げるために

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Kikuzo氏の写真がお気に入り。

自転車に乗っていると多少精神的に辛いことがあっても割と楽に耐えられる。大人になって普段適当に生活していると身体の限界まで追い込むことはそうない。しかし、自転車の練習は坂を登り進むだけで息が切れる。

ただそれらの閾値は各個人で異なり、能力がさほど違わない選手の質を決める指針になりうる。

今日は実業団のメンバーと箕面から登る。久しぶりに大勢だ。私以外みんなロードバイクでタイヤ細すぎだぜ。私は帰りに芝生走ろうと思って4〜5barで33Cのシクロクロスタイヤで。案の定、序盤からちぎれそうになる。

第一、第二も登りで置いていかれる。ホイールが重くてマシンは9kg超えてる。ただ、緩い登り程度の平坦ならついていけそうで第三ステージまで着いていけたので皆に絡んで行く。正直なところ、シクロクロスとオフロード走ってると集団走行のスキルが失われて行く気がする。

チーム練習で走るメンバーとなら多少ハスっても、肩がぶつかっても皆なんともない。きょうもさとちんの後輪にハスっちゃったけど、二人とも何事もなく走る。今日は前の人に着きっぱなしでもタイヤとマシンの影響な大きくドラフティングしてても踏みまくらないと千切れかかかる。

この日は久しぶりに関西トラックの年間チャンプiコマさんが。野菜屋前でぶっ飛んでったけど追えず。その後は平田氏が積極的に先行する。私はギリギリの所で耐える。先頭で走ってるみたいにつらい。ジョニーさんが平田氏を捕まえに行くのに便乗する。

もういっぱいいっぱいのペースで最後は平田氏とスプリント。さすがに最後の小さい登りでも伸びなくて失速の2着。にしても、ロードの人と練習するのは良い。集団走行と駆け引きそして、自分じゃ引き出せない強度。あと、重いシクロクロスのマシンでロードに勝つのはロマンがあるな。

今日はシマダ氏のしにそうな声が聞けなくて残念だった。

そのあと皆はベッキーに。私はラオウと途中まで帰る。途中でFしまさん達と合流。よくダム近くで会うと途中まで前を引かせてもらい、話しながら帰るのが楽しい。やっぱりいろんな人と走るのはエエな。

当面はシクロクロス車でロードの練習に行こうかな。平坦ならなんとかギリギリの所で苦しみを味わえる。とりあえず西日本チャレンジが広島じゃなくなったので三月頃までオフロードかな。山の中あったかいし。二月まではロード乗らずにシクロ車で練習だ。

今日は結局シクロクロス車で140km走る。疲労困憊。

とりあえず、シクロC1昇格と三月のMTB4時間エンデューロでTop6目指そう。

タイトルとURLをコピーしました