【悲報】CANYONがついに価格改定へ。

スポンサーリンク

ついにCANYONが価格改定にふみきった。各モデルで4%前後の価格改定が行われた。ただ、注意しておきたいこととしては、「価格改定」であって「価格値上」ではないといことだ。今回の価格「改定」は昨今の為替変動によるもので、ドイツ本国のユーロ価格は変わっていない。

いわば、これまではキャニオン・ジャパンが為替変動による利益圧迫を肩代わりしていた形になる。したがって、他社のようなステルス便乗「値上」ではないようだ。

ユーザーからすると、結果的にみれば「価格が上がってしまった」というふうに受け取ってしまう。しかし、今後も適切な価格改定がなされず、キャニオン・ジャパンがジリ貧になり、赤字になって日本撤退してしまことのほうが問題だと私は感じた。

公開されたキャニオン・ジャパンの価格改定資料を見る限り、これからもAEROADのような素晴らしいバイクと、日本でのサポートを持続的に行ってもらいたいと思える「価格改定」だといえる。なお、106万円のAEROADは110万円程に価格改定された。

すでに、購入している方はギリギリセーフなのでひとまず安心と言えるだろう。

【調査】CANYONのバイク値上率まとめ 本当に4%???
  キャニオンのバイクが値上げされた。特に気になるのは人気モデルのAEROADだ。そこで、旧価格から価格改定後の新価格を比較、「価格差」と「値上率」をまとめた。結果は以下のとおり。 モデル 旧価格 新価格 価格差 値上率(%) Aeroad CFR DISC Di2 1,069,000 1,109,000 40,000 3.74 ...
【価格間違い?】8/15再販!新型DURAと最速ホイール付属の最上位AEROAD完成車が106万円
自転車機材の高騰化が悩まされるなか、8/15に再販予定のCANYON AEROAD のアルペシンカラー(ホワイト・ブルー)の完成車が非常にお買い得だ。新型DURA-ACE R9200の12速(42〜45万円)、クラス最速のホイールDTSWISS最高峰のARC1100(46万)が付属した、最上位グレードのAEROAD CFRの完成車が、 106万円だ。 (;゚д゚) (つд⊂)ゴシコ...
【各社涙目】37万円のAEROAD CF SLがVENGE、SL7、DogmaFの空力をうっかり超えてしまい話題に
ドイツの自転車検証雑誌TOURマガジンの2022年8月号によると、37万円のCANYON AEROAD CF SLの空力性能が206Wであることが明らかになった。CANYONは37万円でお求めやすい廉価版AEROADの完成車を作ったが、うっかり他社のハイエンドバイクの空力を超えてしまった形だ。うっかりさんの実験データーは以下の通り。​ CANYON Aeoad CFR Disc...
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。