【各社涙目】37万円のAEROAD CF SLがVENGE、SL7、DogmaFの空力をうっかり超えてしまい話題に

スポンサーリンク

37万円には見えない、AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

ドイツの自転車検証雑誌TOURマガジンの2022年8月号によると、37万円のCANYON AEROAD CF SLの空力性能が206Wであることが明らかになった。CANYONは37万円でお求めやすい廉価版AEROADの完成車を作ったが、

うっかり他社のハイエンドバイクの空力を超えてしまった形だ。

うっかりさんの実験データーは以下の通り。

  1. CANYON Aeoad CFR Disc:202 W
  2. CANNONDALE SystemSix Disc:203 W
  3. CERVELO S5 Disc:205 W
  4. CANYON Aeoad CF SL Disc(37万円):206 W (←NEW!)
  5. FACTOR One:206 W
  6. SPECIALIZED S-Works Venge Disc:208 W
  7. PINARELLO Dogma F Disc:208 W
  8. SPECIALIZED S-Works Tarmac SL7 Disc:210 W
  9. BMC Timemachine 01:210W

ホースは外装式。AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

 

AEROAD CF SLは上位モデルのCFRと同一の金型を採用しつつも、ブレーキホースなどを外装化している。コンポーネントもアルテグラや105を使用しているため重たいが、空力性能は上位モデル譲りだ。

AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

最近話題になったサーベロS5の旧型よりも、なんと1ワットも劣るがそこは「完成車価格37万円」という価格を考えると妥当だと言わざるをえない。

AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

AEROAD CF SLに付属するホイールは、レイノルズのフルカーボンチューブレスホイールのAR58/62、もしくはDTSWISSのARCホイールが付属する。ホイール単体価格は20万円、コンポーネント一式、サドル、ハンドルを考慮すると「世界最速級のフレームがおまけでついてくる」ということになる。

AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

上位モデルのCFRもお値段は100万円ほどするが、DTSWISS ARC 1100の最高峰ホイールと新型DURA-ACE R9200コンポ一式を合わせて90万円ほどだから(意味不明)フレームがおまけで付属してくる計算だ。

【価格間違い?】8/15再販!新型DURAと最速ホイール付属の最上位AEROAD完成車が106万円
自転車機材の高騰化が悩まされるなか、8/15に再販予定のCANYON AEROAD のアルペシンカラー(ホワイト・ブルー)の完成車が非常にお買い得だ。新型DURA-ACE R9200の12速(42〜45万円)、クラス最速のホイールDTSWISS最高峰のARC1100(46万)が付属した、最上位グレードのAEROAD CFRの完成車が、 106万円だ。 (;゚д゚) (つд⊂)ゴシコ...

AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

「ロードバイクは高くて買えなくなった」と聞かれるようになった昨今の自転車業界。CANYONの企業努力とユーロベースからなる価格破壊と性能破壊は、消費が冷え込み、給料が上がらない日本にとって、ありがたいメーカーだ。

AEROAD CF SL(Team Replica Alpecin-Fenix):Photo CANYON

CANYON AEROAD といえば「セーリング効果」の追い風効果が見込める機材だ。同じようにバイクを新調したくてもできないライダーにとって、金銭的にも追い風を起こしてくれそうだ。

(追記)現在、CF SLはほぼ完売。次の販売は9月ころ。

aeroad-cf-sl
最高のコストパフォーマンスを備えるエアロロードバイク ✓ 未体験のスピードを実現 ✓ 軽量で振動吸収性に優れます ✓ 即レース参戦可能な仕様に加え、6年特別延長保証と30日間返品保証
「AEROADのここがいけてない」半年乗って気づいたこと
半年間ほどかけて、普段の練習からレースまでさまざまな天候でAEROADを試してきた。はじめはよくわからなかったが、次第に良いところも、悪いところも、徐々に見えてきた。AEROADは完全無欠のバイクではなかった。 確かに世界最速級のバイクであることには間違いない。しかし、ポジションの自由度の低さやフィッティングを受けたとしても調整できるパーツに限りがある。そして、シートポストの異音問題はずっと...
CANYON AEROAD CF SLX インプレッション ハイエンド譲りの超コスパバイク
CANYON AEROAD CF SLXは購入できる世界最速のバイクだ。上位モデルCFRのほとんどのパーツを流用しつつ、カーボンの素材を変更することでコストダウンを測っている。70万ちょっとで世界最速のバイクと最新型のシマノ12速電動コンポーネントを搭載したマシンが手に入る。
CANYON AEROAD CFR インプレ完結編 世界最速と引き換えに失ったもの
CANYON AEROAD CFR インプレ完結編。世界最速のために失ったものは一体何だったのか。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。