【価格間違い?】8/15再販!新型DURAと最速ホイール付属の最上位AEROAD完成車が106万円

スポンサーリンク

Photo: CANYON

自転車機材の高騰化が悩まされるなか、8/15に再販予定のCANYON AEROAD のアルペシンカラー(ホワイト・ブルー)の完成車が非常にお買い得だ。新型DURA-ACE R9200の12速(42〜45万円)、クラス最速のホイールDTSWISS最高峰のARC1100(46万)が付属した、最上位グレードのAEROAD CFRの完成車が、

106万円だ。

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …全盛り完成車が106万円・・・。

(;゚д゚)…世界最速のフレームがおまけでついてくるのか・・・。

Photo: CANYON

送料21500円、消費税6%(個人輸入の場合)を加算したとしても、昨今の値上のご時世、全てが最高フルスペックで106万円の完成車というのは非常に安い。Cervelo S5のフレームセット価格と近く、新型TREK MADONEの105 Di2完成車よりも安いわけだからその破壊力は相乗以上だ。

Photo: CANYON

詳細なスペックは以下の通り。どれも最高峰のパーツをふんだんに使用しており、「パーツをあれこれ変える楽しみがない」という完成車だが、余計なことを考えなくても世界最速級だからもはや野暮なことは言ってられない。

Photo: CANYON

  • フレーム:Aeroad CFR Disc(M40X)
  • コンポ:DURA-ACE R9200 12速
  • クランク:Rotor ALDHU24 POWER
  • ホイール:DT Swiss ARC 1100

Photo: CANYON

カラーは私も使用しているアルペシンカラーのホワイト・ブルーだ。青と白のコントラストが美しく、航空会社ANAのコーポレートカラーに似ている。さわやかな印象ながら、マチューファンデルプールが乗っていたカラーでもあり人気だ。

Photo: CANYON

CANYONがここまで安くできる理由の一つに、直販メーカーということと、ユーロベースのの価格設定がある。そのためドルの影響をうけず、今回の完成車の価格も106万円というわずかなアップチャージになった。

Photo: CANYON

また、納期も8月15日販売開始で早くて1週間前後で到着する。新型DURA-ACEや、AEROAD CFRを待っていた方にとって朗報だが、前回と同様に争奪戦になることは間違いなさそうだ。世界最速級、フルスペック、価格とどれをとっても非の打ち所がないAEROAD CFR。

CANYONの企業努力と人気があいまって、またAEROADのユーザーは増えそうだ。

Aeroad CFR Disc Di2
世界最高のエンジニア。世界最高の素材とパーツ。世界最高のライダーがテスト。フォーミュラ1(F1)レベルの空力スペシャリストSwiss Side社との共同開発から生まれたAeroad CFR Disc Di2(エアロード CFR Disc Di2)は、世界最先端の製造技術とテクノロジーの粋を集めた高性能ロードレーシングバ...
「AEROADのここがいけてない」半年乗って気づいたこと
半年間ほどかけて、普段の練習からレースまでさまざまな天候でAEROADを試してきた。はじめはよくわからなかったが、次第に良いところも、悪いところも、徐々に見えてきた。AEROADは完全無欠のバイクではなかった。 確かに世界最速級のバイクであることには間違いない。しかし、ポジションの自由度の低さやフィッティングを受けたとしても調整できるパーツに限りがある。そして、シートポストの異音問題はずっと...
CANYON AEROAD CF SLX インプレッション ハイエンド譲りの超コスパバイク
CANYON AEROAD CF SLXは購入できる世界最速のバイクだ。上位モデルCFRのほとんどのパーツを流用しつつ、カーボンの素材を変更することでコストダウンを測っている。70万ちょっとで世界最速のバイクと最新型のシマノ12速電動コンポーネントを搭載したマシンが手に入る。
CANYON AEROAD CFR インプレ完結編 世界最速と引き換えに失ったもの
CANYON AEROAD CFR インプレ完結編。世界最速のために失ったものは一体何だったのか。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。