シルベスト朝練 自分の長所とは

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

20130914-142145.jpg

今日は単独でと思って。
左膝が痛いの手前に来てしまった。ここで踏めばまた、長い間苦しむことになる。膝の痛みを持つ物にしかわからない、この不安な感覚。

なので、八時はパスしてたんたんと登る。250wぐらいで一定ペース。
サラ足だから、すごく楽だ。

高山にいくと、ハイランダーとカーロスが。トライアスロン世界選手権から帰ってきたあまやまさんもいる。

高山下って帰ろうとしたけど、野島プロと走ることに。遊君と走る機会も、私が来月から東京の方の研究所にいかねばならぬし、走れるうちに走っておこうと思って少し走る。

一回だけならもがいて、今私が走れないながらも、なんとか競り合いになればと、坂の前からあげる。

箕面エクスプレスm瀬氏があげる。遊君、シエルボくっちー、が行く。

若者に負けてられないと、あげる。
そうすると落書きドラえもんm瀬があげる。

58.5kgで350wを一分間近く出しても千切れたから彼6W/kg以上出てたな。さすが、チャンプは違うぜ。
ゆうくんと、くっちーを千切り、一応目的だった練習相手になれて、おやく御免。やくわりは果たさねば。

私でよければまた一緒に走ろう。

短時間高強度インターバル系を数回やるタイプの練習ならお相手できそうです。そろそろ、自分の脚質がわかって来た。堺でもしかしたらと思ったけど、短時間のインターバル系の耐性が強いんじゃないかと。
いのきん親分にも言われたな。

ある時期、思うように走れなくて、監督に相談した。
短所を伸ばすよりも、長所を伸ばせと。長所はこれだと教えてはくれまい。自分で試すのみ。来年は、鈴鹿、クリテリウム、そんなレースに出てみよう。そこにはコリマエアロプラスが活躍しそうだ。

ヒルクライムとかは一つの趣味でとっておこう。

野間峠を登って帰宅。
帰りは世界のアイアンマン、あまやま先輩と。

そのあとは、梅田店にシモーニと、さんちゃん目当てで。はださん、調整ありがとうございました。

RotorPowerの実物見て来た。

20130914-142209.jpg

タイトルとURLをコピーしました