チーム練習 富士あざみライン対策 198km

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

20131117-165231.jpg
『村上ハイランダーここに眠る』
という石碑が建てられた某所。

はやくも、「アザミ対策しようぜ!」というもはや何を言ってるか意味不明なメンバーと
198km 2550m up

実業団8-9人ぐらいと、ステラやいろんな人30人くらいで途中まで練習と言った感じ。

来年の実業団要項が出たので、早速富士あざみライン対策だ。
五月山、高山、畑野、瑠璃、天王、おおたわ峠、はらがたわ峠、西峠、猪名川、豊中店。

シーズンオフなどない
を合言葉に、今回もボロボロになるまで走る。

前日にWモンスターがFJTさんを抹殺したいですと、嘆いていたので五月山をオフっぽく序盤のアベレージ450Wというふざけるなwwwというペースで登る。

ごめん、今の俺では相手にならない。。また俺でよければ走ろう。
練習の誘いは断らない

今頃驚異のやる気を出した、元プロツアー選手村上メカ。

20131117-165428.jpg

「峠を越えまくります。」と意気込んだ。
キャプテンも乗り物を変え、愛車のターマックだ。

「調子が悪い」

絶好調のサインだ。沖縄対策練習の時よりも第三覚醒したキャプテンに死角はない。

序盤は皆で進む。クライムリピートを繰り返す。
後続を待つが、いろいろな人と走れるありがたみをよく感じる。仲間というものは金を積んでも買えない。
走られてもらえる環境とチーム、仲間にリスペクトしながら進む。

今日のテーマは落とさずあげられる場所できちんとあげようと、心に決める。

この日は前日の飲み過ぎで、全く体が動かない。全ての峠で遅れる。

ゆうくんのご両親が後ろからサポートカーのごとく来ていただいていたので、手は抜けない。

とにかく絶対落とさず、踏める限界のところで留まる。

ローテからも遅れ、さすがにきつい。
迷惑すごいかける。ほとんどの峠で、遅れたが150kmを過ぎたあたりからやっぱりかかり始めた。キャプテンが行く。ついていく。キャプテンを抜く。抜き返される。でも千切れないように行く。
踏むのをやめたらそこで終わりだ。

あと何回一緒に走れるんだろうか。
そんな事が千切れないための力になる。
ピークまでは必ず走る。踏むのをやめない。

20131117-170435.jpg

案の定、体も心も崩壊し、ロマンさんが行方不明になり、始め何人いたっけ?という相変わらずの壮絶っぷりだった。

ただ言えるのは、「LSD詐欺だ!」といいながら皆相当苦しむのを期待してるのがわかった。変態すぎる。オンもオフも無いのだ。強くなるためのアプローチは変わらない。走れる時に、強度を上げて走る。

これが速さへの近道ではないだろうか。

キャプテンのブログをよく読んで、気づかされた。

来週も
LSDやりましょう

Sはスピードのエスか、どSなのかはわからないが、どちらでもウェルカムだ。

タイトルとURLをコピーしました