考えて走る、を実践する

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

20131207-190549.jpg

重要な話の前に、今日はランチを楽しんだ。
珍しい。本当に珍しい。山奥にある一軒のカフェ。

20131207-190602.jpg

雪山の住み込み時代を思い出す

20131207-190612.jpg

鶏食べたけど凄く美味しい。驚きです。

20131207-190625.jpg

ログハウスと温かいエアコン(笑

20131207-190632.jpg

ちゃんと練習もして、コータロー兄貴も悶絶

20131207-190805.jpg

私は監督に全てのピークを取られるのが悔しくて考えた。

20131207-190822.jpg

韓流スタアもそうだったようで。

監督にピークをとらせないべく、頭を使う。

1案失敗し、1案失敗。

頭を使え。

脚を使うな。

どうやったら勝てる?

「逆算して考える」

シエルヴォ奈良プロサイクリングチームに移籍した所長の言葉を思い出す。

あるところで、ふと面白いから逃げてみる。

逃げつつ80%の力で逃げる。追いつくことを想定して。

相手は全力で追うから、追いつかれたら、追いつかれたふりして

カウンター。

自転車は頭使うのか。

実はブログを書くことに頭を使っているが。

実は走るときに頭を使ったことは一度もない。

「考えて走る」ってはじめてだ。

以前にも紹介した自転車にも通じる、為末選手の「走る哲学」

思想、言論、これら私が好きな事を

為末選手が「走る」ということに置き換えて書いてる。

あなたは何を”考えて”走るのか。

走る哲学 (扶桑社新書)
為末 大
扶桑社
売り上げランキング: 64,166
タイトルとURLをコピーしました