節目を迎える男の1日

スポンサーリンク

歳を重ねるごとに自分の歳を忘れる。自分よりも他人の方がおぼえてくれている。誕生日の日は十三峠に登坂する。ロマンがある。山頂でジロデアタリアのワインASTORIA9.5で開けたいところだが、口からこぼれるのは、もがいたヨダレだけだ。

下って時間があったので、もう一本五分走。とにかく走る。桜の気の先まで行けたので五分5.6倍程か。下ってこの日はご褒美と飲みに行く。

知り合いが勤めるお店に呼ばれダイビルのドノスティアさんへ。一年ぶりに再会。当時の思い出話に花が咲く。私が、グリセミックインデックス値を気にしてパスタを食べなかった時に、アルチェネロの全粒粉スペルト小麦をわざわざ買ってきてくれた。

本人もアスリートだから、全部察してくれる。席に着くなり、飲み物を聞かずに飲みたいものを覚えていてくれて出してくれる。誕生日にロマンがある。

炭酸水なんて飲んだことなかったの時に緑ボンベからタダで何リッターも飲ませてくれた。そんな思い出話に花が咲く。今は気軽に行ける所にお店がないのが残念だけど。

桃のなんとかかんとかスープ。スープは温かいのが普通だと飲んだら冷たかった。夏の熱い日にクールな晩餐だぜ。

食うのは止まらない。北新地のビストロスリーピースへ。雑居ビルの四階。ワインがうまい。うまい。ハムにかけてるオリーブオイルがうまくて瓶ごと譲ってもらった。

日本人に生まれたので、箸で食す。

帰りはやっぱりココ。クールダウン。一日が終わる。ハマさんの酒を使った科学実験が行われる。三倍速くなるらしい。

FBにたくさんのおめでとうメッセージをいただいた。こんなにメッセージもらえるとは嬉しいものだ。これからも頑張ります。

アルチェ・ネロ 全粒粉スペルト小麦スパゲッティ
アルチェネロ
売り上げランキング: 3,439