疲れは忘れた頃にやってくる

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

何事もやりすぎはよろしくない。適度な回復と、適度な運動、腹八分目の食事がよいのだろう。体が疲れすぎているのか、結構食べたら体が拒否反応を起こした。夜中の2時頃に胃が気持ち悪くなり起きる。そこからは、体の中からアタックの応酬だ。

全てに耐え抜いたのが朝の4:50だった。ちょうど朝練の時間にアタックの応酬は終わり夜のグランツールは終わりを迎えた。その後、起きたのがなんと夕方の17:00。たまたま休みを取っていたから良かったもののこんなにも寝たのは始めてである。

薬局に行き症状を話す。胃腸薬を買って帰る。いつも薬を買うと成分に興味が向き全て調べることにしている。メインのトリメブチンマレインという成分らしい。ライトウェイトの「マイレンシュタイン」に似ているなと思いつつ、副作用かなんなのかわからないがまた何時間も寝ることに。

スポンサーリンク

どようび

土曜日は朝練へ。こぎ出したものの、体が重い。足が動かない感じ。でも、リカバリ走と割り切ってゆっくり登る。パワー見ると4倍行かないぐらい。。。こういう時はサイコンを消す。S氏が着いてくるが、自分が着いていける人の後ろに居てはだめだ。余裕があるなら越えていけ、と言う。

案の定走れず、皆を見送って帰宅。明日こそ復活かな。

内臓を強くする整体法 内臓力を回復して体の中から若返る
井本 邦昭
高橋書店
売り上げランキング: 8,094
タイトルとURLをコピーしました